ガソリンの入れ方上手な節約で、快適なカーライフを

ガソリン代を安くゲットする

まず元々のガソリンの価格が安ければ問題ないわけです。
だから、とにかく安いお店を捜すことから始めましょう。
安いガソリンスタンドで思いつくのはセルフです。
セルフは苦手という方も、そんなに難しくないし、スタンドの方が入れ方を教えてくれるので、遠慮なく聞けば簡単です。
ですから、苦手意識を持たず、積極的に安いお店をさがすことです。

安いガソリンスタンドを探す方法

まずは多くのガソリンスタンドが掲載しているガソリン価格をチェックします。
安いのは、ガソリンスタンドが乱立している主要路線と、高速道路IC周辺などの激戦区です。
激戦区を攻めましょう!ガソリンスタンドが集中している幹線道路沿いなどは、お互い値下げ合戦をやっているケースが多く、かなり安くなっているはずです。
しかし主要道路沿いは、土地代が高いため、価格を下げようもない地域もあります。
場所によっては、幹線道路から一本奥に入った道路沿いに激戦区が集中していた、なんていうケースもありましたので、いつも通る道だけでなく、ちょっとわき道に入ってみるのも安いお店を捜すコツといえます。
また、日によって値段が変りますから、いつも同じ店が安いとは限りませんので、毎日チェックしておくことも必要でしょう。
*注意* 安いガソリンスタンドを捜すのは、もちろん大切な事ですが、そのために無駄に燃料を使うのは逆効果です。
普段から気に留めておく程度にしておいた方が良いでしょう。
もちろん、遠方のガソリンスタンドまで、出かけて行くのも避けるようにしましょう。

ガソリンスタンドのサービスを知る

ガソリンスタンドの掲載価格だけでは、「本当の安さ」は判らないものです。
それはガソリンスタンドのサービスに差が大きいからです。
看板だけではなかなか判らないものですので、たまにはガソリンスタンドを変えてみるのがお勧めです。
サービスで最も多いのがカードを使うと割り引くというケースです。
現金で購入するよりはリッター当たりの価格を安くゲットできます。
また、出光カードなどクレジットを使えばキャッシュバックするケースもあります。
次に、プリペイド・カードを使う方法です。
カードは、屋外に設置されているカードリーダーでデータを読み取るため、セキュリティに不安を持つ人も少なくありません。
どうしてもカードを使いたくないという方にお勧めなのがプリペイド・カードです。
あらかじめ、3千円分、5千円分、1万円分などのカードを購入して、そこからガソリン代を払う方法です。
この方法ですと、クレジット・カードと同等の割引が期待できる上に、個人情報が必要ないためセキュリティの問題はありません。
ただ、同じ店、同じ系列でないと使えないというデメリットも否定できないので、気を付けましょう。

裏技・・・ちょっとした工夫もあり

朝一番に入れる。
ガソリンも液体ですから同じ分量でも熱ければ膨張するし、冷たければ収縮します。
逆に言えば、同じ分量(料金)なら冷えている方が実質的にたくさん入るはずです。
それに、ガソリンは気化する事でエンジンを冷やす効果があって、厳密に言えばこれで燃費も変わります。
したがって一日のうちで一番寒い、朝一番に入れるということを心がけています。
満タンにしないで、少しずつ入れる。
燃料にも重さがあるので、大量に積めば当然燃費が悪くなります。
50Lも入れれば、約50kg、大人一人分ぐらいの重量です。
これだけ重量が増えれば燃費も悪くなるし、加速、減速、ハンドリングに少なからず影響があるはずです。
この方法だと燃費が計れないのが唯一の欠点だと思います。
遠出する場合は、行き先、沿線のガソリン相場を調べる。
ガソリンの価格は地域によってかなり違います。
ですからドライブのついでに安いガソリンをゲットしましょう!
安いと思ったら、燃費など気にせず満タンにするべきですね。

修理・板金お見積もり