<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

こすったり破損させたりしやすいバンパーの塗装を元に戻すには

もう一度塗りなおす


車のバンパーはどこかにぶつけた際、タイヤやエンジンなどの重要なパーツに衝撃を与えないために付けられています。最近は樹脂性のものが主流となっており、多少の衝撃で破損するようになっているので、塗装が剥げるだけでなく、本格的な交換作業が必要になるケースも珍しくありません。
そのため、業者のほうでも交換を進めることが多いのですが、傷の度合いが大したものではなければ、表面の塗装を新たに塗りなおすだけで、新品同様とまでは行かなくとも、軽く見ただけでは分からないレベルにまで仕上げることもできます。
修繕作業では、バンパーに使用している塗料の種類や色、目に見える破損があるかどうかなど、様々な要素によって、修理の規模が変わってきます。ほんの少し塗料が剥がれただけなら、専門の機材を使えばすぐにでも塗りなおすことができますが、割れや変形などがはっきりと現れている場合は、多少の処置では元の状態に戻すのは不可能なので、新品のパーツに交換することをオススメされる場合が多々あります。
交換にまで至るかどうかは傷の度合いを見ないことにはわからないので、どちらでも対応できるように予算は余裕を持たせておいたほうが安心できます。
バンパーの塗装の塗りなおしは、どの業者を利用するかも良く考えるようにしましょう。
軽いものなら一見すると自分でも直せそうに見えるかもしれません。しかし、実際にやってみると下地塗装をはがしたり、再度コーティングを行ったりと、気を使うポイントが多いのでなかなか綺麗に仕上げることができません。
同じメーカー、同じ色の塗料を使っても、経年の兼ね合いで塗り直した箇所だけ色が違って見えることがあります。少しでも自然な仕上がりにするためにも専門家に任せたほうが確実です。

破損した場合は


バンパーは駐車時にこすってしまうなど、傷つけてしまうことの多い部品の一つといわれており、事故とまでは行かなくても、少し塗装が剥げてしまったという方は大勢います。
多少の傷は放置してしまっているという方も中にはいますが、そのまま放置していると見た目が悪いだけでなく、雨水などが浸入してしまう恐れもあるので、早めに修理に出したほうが良いでしょう。破損した場合は余計に危険性が増してくるので、早急に修理に出すことをおすすめします。
最近のバンパーは樹脂性のものが多く、思いがけず破損してしまうことが多々あります。破損したことで破片などが走行中に落ちて、さらに激しい損傷を引き起こすこともあるので、そうなる前に修理に出さなければ危険です。
目に見えてパーツが割れるような損傷を引き起こした場合は、元のパーツを修理するよりも、メーカーからパーツを取り寄せて交換することのほうが多く、車種によってはパーツが見つからないせいで修理に時間がかかることもあるので注意が必要です。間に合わせてダクトテープなどで補修するという方法もありますが、やはり耐久性には不安が残りますし、見た目も悪くなるので、あくまで応急処置であることを忘れないようにしましょう。
バンパーは、こするなどの修理するほどではなさそうな軽い事故を起こしたときに傷つきやすいため、細かい傷は自分で市販の塗料スプレーを使って補修しているという方も多いです。
手軽に使える商品も多く出回っており、遠目に見ると十分直っているようにも見えますが、近づいてみると、やはり他の部位と色に違いが出ていることや、色むらができてしまっていることもあるので、お世辞にも綺麗な状態とはいえません。
愛車の魅力を維持するためにも、専門家の修理を受けましょう。

プロに任せておく


現在の日本車のバンパーは樹脂製のものが多く、衝撃に弱いといわれています。そのため軽く接触事故を起こしても、大きくひしゃげてしまうことや、一部のパーツが脱落してしまうこともあります。
そうでなくても、どこかにこすって傷ついてしまうことも多いので、大事な愛車を綺麗に保つためにも、事故を起こした際は早めに修理を行いましょう。修理の方法は色々ありますが、大きく損傷したときには自分で何とかしようとせずに、プロに任せたほうが良いでしょう。
自動車整備工場では様々な顧客の要望に応え、修理や点検などを行っています。バンパーの修理は大きく損傷しているときはともかく、細かい傷が付いた程度のものなら、そのまま放置してしまう方や、自分で色を塗ってごまかしているという方も多いのですが、傷をそのままにしていると、塗装によって保護されていた素材が紫外線や雨による影響を受けるようになり、より劣化が早まってしまいます。劣化して脆くなったら、以前は問題なかった衝撃でも容易に壊れるようになるばかりか、さらに脆くなってしまうので、突発的なトラブルを防ぐためにも早めの修理が肝心です。
バンパーの塗装の塗り直しなどを依頼する際は、どの整備工場を利用するか考えてみましょう。基本的なサービスの一つでもあるので、どの工場でも独自のプランで修理を受け付けていますが、値段やスタッフの対応など、様々な要素から理想の工場を選びましょう。見積もりを同時に依頼すれば値段は簡単に把握できますし、その際のスタッフの対応は良いかどうか比較することで、愛車を任せられる整備工場を見つけることができるはずです。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車