<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

これからバンパーの修復・塗装を依頼するにあたって



バンパーの役割や素材、損傷した場合の修理手順について



自動車に使用されているパーツの一つに、バンパーがあります。この部分は、何かと衝突した場合、その衝撃からエンジンやボディーを保護するほか、衝撃を吸収して、運転者や同乗者に危険が及ぶのを防ぐ役割も果たしています。また、対人事故を起こしてしまった時、相手に与える衝撃を緩和する役割も果たします。このように、バンパーは、衝撃を吸収するという実用性を持つパーツですが、昨今では、デザイン性にも気を配ったり、再生可能な素材を用いたりしたものも登場し、さらなる進化を遂げてゆくことが期待されています。

かつて、バンパーの素材には、頑丈な金属が使用されていました。こちらは、耐久性が高く、衝突事故が発生した時に損傷するリスクが低いというメリットのある素材です。現在主流となっている素材は、衝撃吸収力や軽量さを重視した樹脂製のものです。

樹脂製のバンパーは、やわらかい性質をしているため、知らないうちにひびが入ったり、割れたりしているケースもめずらしくありません。それらの問題が起こった場合、機能に問題はなかったとしても、外見的な印象は悪くなります。こちらの問題は、軽度のものであれば、自分で修理することも可能です。しかしながら、程度がひどい場合には、やはり専門の業者に作業を依頼するのがおすすめの方法になります。

バンパーが切れたり割れたりした場合、まず、その部分にへこみを作り、ボンドで固めてつなぎ合わせます。その後、専用のパテでボンドを多めにつけて強度を高めますが、必要に応じて、溶接機やステンレスを使用することもあります。そして、最後に、各車両に合った色を塗装して、修理作業が完了することとなります。



専門の業者に修理を依頼するにあたっては



バンパーの切れや割れが発生し、その程度がひどい場合には、修理を行うために高度な技術や機械が必要となります。また、修理作業に必要となる材料も、個人で調達するのは難しい場合があります。こういった事情を踏まえると、その道のプロフェッショナルである板金業者に作業を依頼するのが良いでしょう。

また、バンパーがひどい状態であれば、新しいものと交換すれば、元通りのコンディションになることは言うまでもありません。しかしながら、新品のパーツと交換するためには、それなりのコストを負担しなければなりません。また、人によっては、元通りの状態にならず、見た目が少々悪くても、性能上の問題がない程度に修復することができれば良いというケースも存在します。そのあたりは、予算も考慮に入れた上で、修理業者と相談しながらプランを作成すると良いでしょう。

ただし、作業料金だけに気を取られていると、不満が残る結果を招いてしまうリスクが高くなるので、注意する必要があります。このようなリスクを回避するためには、事前のヒアリングによって希望条件を把握し、適切なプランを提案し、実行に移してくれる業者を利用するのがおすすめです。

車に乗っている限り、事故に遭遇するリスクを完全になくすことはできません。また、自身に過失がなかったとしても、相手が引き起こしたアクシデントに巻き込まれてしまう可能性もあります。そういった場面で、緩衝材の役割を果たしてくれるのがバンパーです。したがって、ひびが入ったり、割れたりして強度や衝撃吸収性が不足している場合には、修復・塗装を行っておく必要があります。



利用する業者を選定する時のチェック事項



プロの業者にバンパーの修復・塗装を依頼するにあたっては、利用する業者の選び方もチェックポイントとなります。そのような場面では、複数の業者から見積もりを取り、提示された条件を比較・検討することによって、良いところが見つかりやすくなります。相見積もりを依頼する場合、屋外に設置された店舗を回ったり、電話で連絡したりするという方法も存在します。そのように、業者スタッフと直接対面したり、電話のやり取りをしたりする方法は、お互いの信頼関係を築きやすいという利点もありますが、反面、手続きにかかるエネルギーや時間、コストの負担が重くなる傾向にあります。

こちらの問題を解決するためには、インターネットを利用して見積もりを依頼するのもおすすめの方法です。最近では、ネット環境やIT機器の普及により、ネット上での見積もり依頼に対応している業者が数多く登場してきています。ネット上で相見積もりを取る場合、破損した部分の写真が必要だったり、細かな破損の情報を記載する必要があったりしますので、確かめてから依頼するようにしましょう。そして、提示される金額はもちろんのこと、レスポンスやスタッフの接客態度もチェックポイントになります。このようにして、候補となる業者の数をある程度まで絞り込んだら、それぞれの会社に連絡を取って、最終的に契約する一社を決めると良いでしょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車