車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > できるだけ早くする方が良い板金塗装とは

できるだけ早くする方が良い板金塗装とは


パーツの形状を元に戻す板金作業



車は、走るだけではなく、ドライバーを守る役割も担っています。事故が起きた時には、車のボディが堅牢になっているからこそ、ダメージを少しでも抑えてくれるでしょう。それだけではありません。石が飛んできたりすることもあります。速度を出しているときには、ほんの小さな小石が当たっただけでも、大けがをすることになってしまうでしょう。車は、こうした事態からもドライバーを守ってくれます。つまりは、車の構造上、最も大きなダメージを受けやすいのが、ボディであることは間違いありません。

こうしたダメージをそのままにせず、回復させようとする時は、板金を行います。さらに、塗装をして仕上げることになるため、2つの工程を合わせて「板金塗装」と呼ぶようになりました。自動車の修理の中で非常に重要で、身近な修理方法でもあるといえるでしょう。板金とは、何かの衝撃を受けて、ボディなどのパーツがへこんでしまったとき、整形しなおす修理方法です。本来の形が変形してしまった部品を、もともとの形状に近い状態に戻す修理方法となります。

単純な考え方としては、へこんでしまった部分を裏からハンマーで叩きだすことです。叩き出すことによって、整形することはできますが、完全に元のように戻すことができるわけではありません。金属を叩くということは、伸ばしてしまうことにもなるため、わずかには変形してしまうことになります。これをさらに整形するために、パテと呼ばれる樹脂を使い、整形していきます。ヒビが入っていたりする場合には、溶接して補強しつつ、整形して強度を高める手法などもあり、状況によって使い分けていく修理方法です。塗装以外をすべて「板金」と呼ぶこともあります。



技術が出やすい塗装の問題



「塗装」は、その名前の通り、色を塗ることです。表面に色を塗り付け、元と同じ状態を作り上げることによって、板金した部分をわからないようにすることができます。板金をするということは、確実に塗装がダメージを受けます。塗装は、塗膜と呼ばれる膜で形成されており、衝撃を与えれば割れてしまう場合があります。樹脂の一種でもあるため、剥がれてしまうことも出てきます。

板金の場合、裏側から力をかけることになります。へこんだ段階でダメージを受けた塗装は、板金でさらにダメージを受けることになります。そうなると、そのままでは元のように見えることはありません。樹脂は熱にも強くないため、板金の時点で熱を加えれば劣化してしまいます。形状を元に戻すために、やすり掛けなどもされているため、下地処理の段階から塗装をし直すことになります。まずは下塗りを行ってから本塗装を施し、クリアで仕上げをしていきます。これが基本工程ですが、下塗りを何層行うのかなど、細かに違いがある点に注意が必要でしょう。層だけではなく、塗膜の厚みということも違いがあります。

仕上げですので、メーカーの持つ仕上がり具合が理解できているかが重要です。板金塗装をおこなっている職人の腕がはっきりと出るところであり、資料を見て、どうやって色を作るのかを考える能力が必要です。単純に色を作るだけではなく、紫外線劣化の進行度合いなどに合わせ、実際の車との色をすり合わせなければいけないからです。板金塗装を行う業者を選別する重要なポイントにもなってくるでしょう。厳密に言えば、色のつなぎ目などは、完全に元通りにはできません。「いかに自然に復元できるのか」、これも職人の腕次第です。



板金塗装をする意味はどこにあるか



なぜ板金塗装を行うのかといえば、きれいに修復するということが重要になるでしょう。ぶつけてしまったり、何かにこすってしまったりすると、へこんだり傷がついてしまいます。こうして出来てしまった傷は、簡単に修復することは出来ません。専門的にパーツを理解し、塗装を理解していなければ、できることではないでしょう。高い技術力がなければ、ただ取ってつけたかのような状態になってしまいます。そのため、自動車整備工場であっても、板金塗装は行いません。専門の業者に依頼して施工を行うことになります。それ程に専門性が高い作業であるといえます。

車にとって、見た目は重要な要素になります。板金塗装をせずに放置することによって、サビが侵食し、ボディを劣化させることになります。こうした状態のままにすれば、中古車として売りに出すときにも、確実にマイナスになります。査定価格も確実に下がると考えられます。

だからこそ、傷をつけてしまったり、へこんでしまったりしたときには、板金塗装を行う方がプラスであるといえます。それも、早い段階で修復したほうが、ダメージも少なく、サビに対する作業も少なくなって範囲も限定できますから、代金も安上がりになるでしょう。

次の記事へ