車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > どうしても気になるバンパーの擦り傷の修理

どうしても気になるバンパーの擦り傷の修理


車で重要なバンパー



車というものは、運転手を守るためにさまざまな装備がついています。何かあっても安全を維持するためのものですが、それだけ傷がついてしまうということにもなるでしょう。傷がついた車に乗るというのも、気分はいいものではありません。車の中でも傷のつきやすい部分として、バンパーがあるでしょう。運転席からは見えない障害物に擦ってしまうことも珍しくありません。安全に気をつけていても、内輪差に気が付かずにぶつかることもあります。運転している以上、こうした可能性はゼロではありません。細かな擦り傷ができてしまうこともありますが、そのままにしておくのも見た目によろしくないでしょう。傷をつけるということは、そこから悪影響が出てしまうこともあります。バンパーひとつをとっても、修理しなければ塗装自体がどんどんと悪化して行くこともあるのですから、早期に修理をすることがポイントになるでしょう。

そもそもバンパーとは、なにか衝撃を受けた時に、車のボディーの身代わりにあるものです。ボディーへのダメージを少しでも減らすことが役割で、傷つきやすいものであることは間違いありませんが、できればきれいに修理したいでしょう。ボディと一体化しているものが増えていることも原因のひとつです。バンパーですが、ボディにしか見えないため、非常に目立ってしまいます。フロント部分はエンジンを守るためにもありますし、リアは追突されたときにも守ってくれる重要部品です。正常な状態にしておくことは、安全ということでも重要な意味を持っていることがわかるでしょう。ところが、ディーラーへ修理に出したりすると、とんでもない金額を請求されることもあります。そうなると、うかつに修理もできなくなってしまうことも出てしまいます。



自分でやるとわかる手間数と費用の問題



バンパーの擦り傷は、程度にもよりますが、自分で直すことができることもあります。実際にそうした修理方法を乗せているサイトもあります。しかし実は、必要となるものは驚くほどたくさんあります。擦り傷の上から塗装をすればいいというものではありません。すでにはがれ始めている塗装は、上から塗ってもはがれてしまいます。塗装には、厚みがありますので、削り取られてしまえば、必ず段がついてしまうからです。きれいにするためには、一度削り取って、傷の修復や塗装の厚みのコントロールもしなければいけません。

そのためには、カッターで大まかにバリを切り取り、やすりをかけて削るところからスタートです。このやすりでさえ、数種類用意しなければいけません。削ってみるとわかりますが、かなりの段差がついてしまっているでしょう。擦り傷といっても、結構ダメージのあるものです。そうなると、今度はパテで段差をつぶさなければいけなくなります。このパテは、さらに磨いて平らにすることになるのですから、手間も時間が増えてしまいます。パテを接着させるためには、油分の取り除きが必要で、さらにプライマーを塗布するなど細かな材料がなければいけません。

これでもまだ塗装までいっていないことに気が付かなければいけないでしょう。マスキングをして、下地を3回程度は塗ることになりますし、コンパウンドで段差をつぶし、ボディーカラーを塗装する必要があります。これだけの工程をおこなったとしても、きれいにすることができるとは限りません。なぜならば、とても技能レベルがかかわることで、経験もなければうまくいかないでしょう。完全に乾燥させるためには、1週間ほど水などにあたったりしないようにしなければいけないのですから、そのまま乗ることができないのも問題です。



プロにはそこまでかかる修理ではない



自分で調べてみてもわかりますが、これだけの手間をかけるのであれば、修理に出すほうがお得であることがわかるでしょう。ディーラーに出しても、手間数を知っていれば致し方ないと思うかもしれません。ですが、そんな高額を出さなくても、もっと素早く安価でできるようになってきました。1カ所程度の傷であれば、数千円程度で修理できることもあります。へこみがあったとしても、数万円で修理が可能なことさえあるのですから、自分で修理する必要性もなくなってきているでしょう。

実際には、バンパーの修理というのは、修理店からするとそこまで手間がかかるわけではありません。修理用の設備も整っていますし、材料もいろいろとあります。塗料も用意されて使うことができるため、1台分だけの用意をすることはありません。非常に安価に修理ができますが、実際にそこまでの数がないため、どうしても1件あたりの単価が上昇してしまいます。つまり、経費ばかりが先立ってしまうため、どうしても高額になるといえるでしょう。

ところが、激安の修理ができるところは、多くの車を集まるようにしています。その分1台当たりの経費も落とすことができるため、これだけの単価で修理が可能です。プロにかかれば、電動機材などを使い素早く修理ができますので、これでも十分に利益をだすことができますので、早めに修理してしまいましょう。

次の記事へ