<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

へこみができた自動車のボンネットを板金で直す方法



自動車にへこみができてしまったら



自動車のボンネットは前から見ると一番大きな面になりますので、へこみができると特に目立つ場所になります。事故はもちろん、飛び石や何かボールのような物が突然落ちてきて、それが原因でへこんでしまうこともあるため、いくら気をつけていても被害にあってしまうことがあります。へこみが気にならない程度であれば良いのですが、目立つようなへこみはなかなか放っておくわけにはいきません。やはり見た目が気になりますし、人の目を気にしながら走行するのは気分が良いものではないでしょう。

自分で修理ができれば早く安く済みますので良いですが、実際には綺麗に元通りに戻すには時間と技術、時には機械が必要となりますので、プロの業者に任せることが最も良い方法となります。小さなへこみであれば、その部分をそのまま押し出して修理することで塗装をする必要もなく、比較的簡単に綺麗に修復することができます。しかし、少し大きなへこみになるとやはり板金塗装の必要が出てきますので、プロに任せることをおすすめします。

板金は、へこんでいる箇所を金槌や特殊な専用の機械を使用してできるだけ元の形に修復し、微調整のために粘土のようなパテで下地処理を行って形状を整え、塗装をすることで綺麗になります。これらの工程を自身でするには時間と労力を要しますので、よほどの車好きで詳しい方か、プロの仕上がりを求めない方以外にはあまりおすすめできません。特にボンネットは難易度が高くなり、塗装に関しても容易ではありません。そのため、できるだけ費用をかけずに自身ですぐに修理したいと思われる方の気持ちも理解できますが、比較的安価で修理を行っている専門業者もありますので、一度インターネットで検索してみましょう。



板金塗装の難しい点とは



自動車のボンネットのへこみ修理をする場合、最も難しいとされる工程は塗装になります。塗装は通常、下塗り、本塗り、クリアの順で行われ、本来の色見に応じて塗料を合わせていくのですが、自動車メーカーが指定するように基本となる赤、黒、白、青、黄色などの色をマニュアル通りに調合したとしても、実際には塗装箇所以外の部分と同じ色になることはありません。もちろん新車であればその色で問題はありませんが、自動車は使用すればする程、また、置かれる環境によって紫外線による日焼け等によって影響を受け、経年劣化で変色していきます。

つまり、日常的に使用されている自動車は環境がそれぞれ異なりますので、そういった変色の具合等も配慮しながら、現在のその自動車に合った塗装カラーの調合をする必要があります。そのためには長年の経験が必要になりますので、一般人には難しい工程となります。また、広い面になるとその損傷箇所だけを塗装するとつなぎ目が分かってしまうことがあります。それを避けるために、色の繋ぎ目が目立たないようにぼかし作業も行い、最後に仕上げをします。

これらの工程はやはり専門家の作業となり、高い技術力が必要となります。塗装直後は良くても、修理して何年か経過した後に修理した箇所としていない箇所に劣化の仕方に差が生じるケースもあります。特にボンネットは難しいとされていますので、専門業者に任せるようにしましょう。部品を交換するという選択肢もありますが、やはり高額になってしまいますので、修理で対応してもらえる業者を探すと良いでしょう。



安く綺麗に板金修理に出すなら



自動車のボンネットのへこみを修理する際に、どこの業者を選ぶかで値段も仕上がりも全く異なります。安くても綺麗に仕上がることもあれば、高くても納得いかない結果になることもありますので、信頼して修理に出せる修理業者を選ぶようにしましょう。可能な限り費用を抑えたい、安い業者を選びたいと思われる方がほとんどでしょうが、やはりその他にも確認しておくポイントとして、無料見積もりや営業時間、土日祝も対応しているかなども確認しておくようにしましょう。また、自宅まで引き取りや納車も無料でしてもらえるかどうかも大切なポイントになりますので、見積りの際にきちんと確認が必要です。修理業者の中にはホームページを設けているところもありますので、チェックしてみてください。ホームページ上で簡単に無料見積りをしてもらえるところもありますので、何社かピックアップしたら複数見積りをとり、ご自身の希望や予算、納期等を相談されると良いでしょう。

その見積り内容はもちろん、回答の仕方や対応の良し悪しでも修理業者を決める判断材料になります。また、完全に新車の時のように綺麗に仕上げたいのか、ある程度まで仕上がればいいのか、それもまた好みや予算によって異なってきますので、いろいろと相談されると良いでしょう。修理が始まってから別作業が必要になり、説明もなく追加料金を請求してくるような悪質な業者もいますので、見積り後の追加料金は発生するかどうかもきちんと確認が必要です。大切な愛車をできるだけ長く大切に乗るためにも、後悔しないようにきちんと対応してくれる業者選びをすることが大切です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車