<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

バンパーにひびが入ってしまったときの注意点について

バンパーにひびが入ることがある


車はさまざまなパーツによって構成されています。その一つとしてバンパーがあります。これは車の前後にとりつけられています。前方のものはフロント、後方にあるものはリアとなっています。デザイン性の高いものが多いのですが、ただの飾りではなくて車を守るために存在しています。
フロントについているものは、車が前方にある物に万が一接触した場合に車体を守ります。車体前方にはエンジンが搭載されていることが多いです。重要な部品がたくさんあるため、それらを守る役目を果たしているのです。車を安全に運転したいならば欠かせないものといえるでしょう。それではリアについているものの役目とは一体何でしょうか。これは、バックをした際に万が一衝突してしまったり、あるいは後ろから車に衝突されたときなどに車体と人を守ってくれます。後方からの危険というのは予測できない場合が多いのです。突然の事態に巻き込まれたとしてもきちんと守ってくれます。
このようにバンパーというのは車体と搭乗者を守るために存在しているのですが、上記のような特徴から破損しやすいです。また、そもそもパーツの構造的にも破損しやすいようにできています。破損するということはエネルギーを吸収したり分散したりできている証拠となります。これによって重要なパーツや搭乗者をしっかりと守れるのです。
しかし、破損したままの状態にしておくと耐久性がなくなってしまいます。そのため万が一の際に車や乗っている人を守れなくなってしまうかもしれません。ひびが入るようなことがあったならば、すぐに修理をするべきです。日本ではすぐに交換するケースが多いでしょう。

応急処置の方法について


万が一、車のバンパーにひびが入ってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。もしそのまま走行できるようならば、修理をしてもらうまで放置しておいても良いでしょう。しかし、割れてしまった場合は注意が必要です。ひびが入ると割れやすくなります。それが地面とこすり合うようになったり、タイヤに干渉してしまうようなケースがあるのです。そのままの状態で走行していると事故を起こしてしまう可能性があるでしょう。
応急処置としては最低限粘着テープさえあれば十分でしょう。割れている部分を粘着テープによって元の形になるように整えます。テープでしっかりと補強しておけば、取りあえず問題なく走れるようになるでしょう。ただし、走行するまえにしっかりと点検をしておきましょう。地面に触れていないか、タイヤに干渉するようなことがないのか確かめておくべきです。
テープではしっかりと固定できないことがあるかもしれません。その場合はドリルによって穴を開けて、結束バンドによって縛るという方法があります。かなり丈夫なものであるため、そのまま走行していてもなかなか切れることはないでしょう。そのまま問題ないのであれば、修理せずに乗り続けることも可能です。しかし、ひびが入っていて応急処置を施した車というのは見た目がカッコ悪くなります。やはり最終的にはきちんと業者で修理してもらうべきでしょう。
そのまま走行できたとしても、万が一事故を起こしてしまうと衝撃をしっかりと吸収できなくなるかもしれません。それでは車体や搭乗者に危険が及ぶことになります。きちんと修理することは大切です。

業者に任せる


バンパーにひびが入ったならば、業者を利用すれば修理に対応してくれるでしょう。そのため、まずは業者を選ぶ必要があります。できるだけ安い料金で修理してくれるところを選びましょう。ホームページをチェックすれば具体的にどのくらいの料金で修理できるのか確認できます。料金体系がシンプルなところの方が分かりやすいです。実際にどの程度の料金がかかるのか一目で分かるところを利用し、追加料金が発生しないところを選と安心です。
興味のある業者が見つかったならば問い合わせをしてみましょう。その際に丁寧に対応してくれる業者を選ぶことがポイントです。態度が悪かったり、要領を得ないような場合、そのような業者は利用しない方が良いでしょう。パソコンや携帯から簡単に見積もりをもらえるような業者があります。この場合は傷の写真を撮影しておいて、それを送るという方法となります。これによってどのくらいの料金がかかるのか概算した結果を出してくれます。
傷ができてしまった程度の場合は費用はそれほどかからないでしょう。ただし、傷が大きくなって修理が困難になってしまうほど料金は高くなっていきます。とても酷い状態になっている場合には交換をすることになるでしょう。ひびだけではなくて、割れやへこみといった傷がついていることもあります。
それではバンパーを修理する際に保険は適用されるのでしょうか。基本的には保険を適用することは可能です。ただし、これによって保険の等級が下がってしまいます。それを避けるために自費で修理するケースも多いです。大きな出費となってしまうならば保険を活用しても良いでしょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車