<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

バンパーの塗装や保護、補修について

自動車の修理などをおこなっている専門業者では、バンパーの塗装や補修などをしてもらうことができます。バンパーのカラー塗装をおこなう場合は、できるだけ湿度が低い晴天の日におこなうことがおすすめされています。補修していく前には、まず下地研磨をおこなっておくことがポイントになります。しっかりと下地研磨をおこなっておくことによって、きれいにバンパーパテを塗装していくことができます。研磨をおこなう場合には、専用の研磨パットを使用することで均等に力を加えることができるためおすすめされています。周辺部分と同じくらいの高さになるように研磨していった後に、脱脂用のスプレーを塗布してきれいに拭き取っていきます。この時油分が残っている状態のままにしていると、きれいに塗装ができずに剥がれ落ちてしまうことがありますので注意が必要です。パテの密着性を高めるために使用されているのがバンパープライマースプレーです。パテを塗っていく場合はキズのある箇所に同じ方向に塗っていくようにします。パテを塗っていったら研磨作業をおこない滑らかに仕上げていきます。再び脱脂用スプレーを使用して拭き取り作業をおこないます。広く飛び散ってしまうことがありますので、塗装をおこなうためにマスキングで保護をしていきます。飛び散り防止保護をおこなったら樹脂が露出してしまっている箇所にバンパープライマーをスプレーし、密着性を高めていきます。スプレーした表面が乾燥してきたところで保護したマスキングを剥がして、完全に乾燥をしているか確認をしてから周囲と段差がないように滑らかに研磨していきます。カラー塗装の際も保護するためにマスキングをおこない、ボカシ剤を利用してからカラーの作業をおこないます。塗料が完全に乾くまでおよそ1週間くらい待つことがおすすめです。乾燥をさせてから、コンパウンドシートやコンパウンド極細、液体コンパウンドを使用してきれいに磨き上げていきます。キズを放置したままにしていると下地まで剥がれ落ちてしまうことがありますし、サビが広がってしまうと補修も時間と料金がかかってきてしまいます。キズも表面部分をこすったような軽い状態でしたら、コンパウンドで磨くことによって補修することができる場合があります。キズの深さや何カ所あるかなどによって修理にかかる料金や日数も異なります。愛車をきれいに改善させたいとお考えの方は、見積りを依頼されてみてください。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車