車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > バンパーの擦り傷や修理業者について

バンパーの擦り傷や修理業者について


バンパーの擦り傷の修理方法



バンパーに傷などがついてしまったことがあるといった方はたくさんいらっしゃると思いますので、今回はその修理方法について紹介します。まずは車を水洗いして汚れなどをしっかりと落とすようにします。汚れがあっての修理となってしまうと、最終的に出来栄えがあまりよくなくなったりするので、しっかりと車の洗車をするようにします。次に下地研磨をします。耐水サンドペーパーでささくれをとっていき、周辺部と同じ高さになるまで削っていきます。均等にしておかないと、後々ムラが出てきたりしてあまりいい修理にはなりませんので、ここではしっかりと均等にするようにします。

次に脱脂作業です。シリコンオフをスプレーしてキレイなタオルで拭いていきます。塗装やパテ塗りの前には必ず脱脂をしておく必要があるので、しっかりと行います。ここで注意しておきたいポイントがペイント補修で厄介になってくる油分になります。塗装面に油分が残っていると、塗ったところが後々はがれてくる原因になります。なので、ここでは油分が敵になるので、しっかりと油分をなくすようにします。ここが綺麗にするためのポイントにもなります。

次の作業はバンパープライマーです。これは樹脂が露出しているところがあると思いますが、その部分にスプレーをしていく作業になります。スプレーをする時はさっと行うようにすると良いです。この作業をすることでパテの密着性を高めます。次の作業はバンパーパテ塗りになります。よく練ったものをキズ部分に塗り込むようにやっていきます。ポイントとなるのが、一方向にパテを塗っていくことです。これをすることでムラがなくなります。また、周囲の塗装面よりも少し高く盛り上げるようにします。次にバンパーパテ研磨の作業ですが、これもまた研磨作業になります。ある程度平滑になったら次は凸凹がなくなるまで研磨して滑らかにしていきます。次に脱脂の作業を行います。脱脂を使い綺麗にしていきます。次にプラサフ塗装のマスキングをしていきます。これは補修より少し広めにマスキングをしていきます。

次にバンパープライマーですが、これは樹脂の部分にスプレーをしていく作業になります。次にプラサフ塗装ですが、これのポイントは一気に塗っていくのではなく、数回に分けて重ね塗りをすることが重要になるところです。次にプラサフ研磨ですが、これは表面が乾いたら、マスキングをはがしていき、完全に乾燥したら階段をならすように研磨をしていきます。

次にコンパウンド細目ですがこれは、カラー塗装前の下地作りになります。これをやることでスプレーをする時のノリを向上させます。次はカラー塗装のマスキングですが、カラーをする時に飛び散る可能性があるので、広範囲をマスキングすると良いです。次にボカシ剤になります。これはカラースプレーをする前に塗っておくスプレーになります。塗装時に発生する白いものの発生を抑えることができます。

そして次にカラーをしていきます。カラーではキズが付いたところにスプレーをして完全に修復します。次にクリアー塗装をしてカラー塗装よりも範囲を広げてスプレーをしていきます。そして再びボカシ剤を使用します。白いところにまんべんなくスプレーをしていきます。そして後は乾燥をさせて終了になります。乾燥の時間はおよそ1週間乾燥させると完璧になります。




車のキズの修理費用について



今回は車のキズの修理に関して紹介しますが、今回はバンパーの修理費用について説明します。よく擦ってしまう人がいるかと思うのですが、一番多いキズがバンパーのキズになります。そこで車の修理の費用に関してどのくらいの料金がかかるのか紹介します。正直なところ、時間はかかりますがネットで調べることで自分の力でも十分することができます。

また、費用は五千円もかからずに修理を行うことができます。ただ、車の修理となると、失敗は許されなくなります。ですから自分で修理したくないという方が多いです。そこで今回は業者に頼んだ場合、どれくらいの費用が掛かるのかについて説明します。結論から言いますと、大体約3万円はかかってしまいます。

地域によっては価格は異なってきますが、自分で直するよりもはるかに料金が高くなります。しかし、業者に頼むことによって、完璧に直してくれるので、安心ができます。





キズを直せる業者



昔は車のキズを直すのにも、技術が発展していなかったため、料金が高くなかなか直そうと思う人はいなかったです。しかし最近では、技術が進んできたため、自身でも直すことが出来るようになったり、業者に頼んだとしても安く済んだりします。基本的には直すことが出来る業者の方は、車の点検を受けるところであればどこでも行うことができます。しかし、専門的に行っていないところもあるので、出来る限り直すことの専門業者に依頼すると良いです。

次の記事へ