<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

バンパーの擦り傷をパテやヤスリ、スプレーを使って修理

最近の自動車の多くは、エクステリアの見栄えを良くするためにバンパーをボディと同色のカラーで塗装しています。そのためにボディとの一体感があって、とても美しくまとまっています。ところが、誤ってバンパーに擦り傷を作ってしまうと、逆に中の黒い樹脂がささくれ状で表面に飛び出してしまい、見栄えが非常に悪くなってしまいます。



ささくれ状のバンパーの擦り傷を修理するためには、それなりの技術が必要ですが、素人でもできないことはありません。まずささくれてしまった樹脂をハサミやニッパーなどで切り取り、その後ヤスリできれいに平にしていきます。ヤスリは紙ヤスリで簡単に削ることができますが、目の粗いものから目の細かいものまで、数種類の紙やすりを用意しておくと便利です。



次に、へこんでしまった部分にパテを埋め込んでいきます。パテは粘土状になっているので、少し手でこねてから、ぎゅっと押し込むようにして使うと良いでしょう。後でヤスリで再び削ることになるので、多少多めにパテを盛ってもかまいません。パテが完全に硬化したあとに、紙やすりで平にならします。このパテによって、かなりのでこぼこした部分の擦り傷を立たなくさせることができるはずです。



パテで大きなヘコミをなくした後は、ヤスリできた細かいキズを消していきます。細かなキズの消し方のコツは、先に使った紙ヤスリより目の細かい紙ヤスリを使っていくことです。そしてさらに、徐々に紙ヤスリの番数を上げて目を細かくしていきます。



その後、プライマーサーフェイサーをスプレーしていきます。プライマーサーフェイサーは細かいキズの隙間を埋め込んでいくことができますので、これでほとんどキズを消すことができるでしょう。また、プライマーサーフェイサーを塗装しておくと、塗料の食いつきが良くなるというメリットもあります。万一プライマーサーフェイサーの表面がでこぼこしているようでしたら、プライマーサーフェイサーをやはり紙ヤスリで削って平にしていきます。この作業を2~3回繰り返せば、下地作りは完成です。



最後にカラー塗装していきます。カラーは純正のものが良いでしょう。キズが小さければタッチペンで、キズが大きければスプレー缶が便利です。純正がない場合は、似た色のカラーを使っても構いません。この作業でバンパーのキズはかなり目立たなくなることでしょう。



もし自分でこのような修理を行う自信がなければ、プロに修理を依頼すると良いでしょう。費用に関しては業者によって違いますので、修理を依頼する前に確認しておくと良いでしょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車