<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

バンパー修理や工具について

自動車の修理をおこなっている専門業者では、リアバンパーのすりキズやフロントバンパー修理などをしてもらうことができます。状態がひどい場合は交換をした方がよいケースもありますが、軽くへこんでしまっているような状態でしたらバンパー修理をおこなった方が安く抑えることができおすすめされています。穴埋めをおこなうバンパー修理では、カットされてしまっている部分の歪みなどを加熱補正をおこなっていきます。穴がある修理を整えて材質が同じものをカットして移植していく作業をおこないます。リヤバンパーはあまり柔軟性があるものではありませんのでへこんでしまうというより割れてしまうことが多いです。このような場合には、特殊な材料を利用して修理をおこなっていきますが、交換をするよりも料金を抑えることができるためおすすめされています。バンパー修理にはどのような工具があるのかご紹介していきたいと思います。ヒートリペアキットと呼ばれている工具は、樹脂パーツを修理するためのキットで樹脂部品が割れてしまっている箇所を、電熱ピンを埋め込んでつなぎ修理していくことができるようになっています。ヒートリペアキット工具を利用することによって接着剤のように固まるまでしばらく待つ必要がないとされています。使用してすぐに手を離しても問題がなくパーツ裏などから補強として使用するのにとても便利な工具です。ヒートリペアキットの電熱ピンはさまざまな太さが取り揃えられていますので、使用する場所によって最適な太さを選ぶことができるようになっています。利用方法は、ピンを装着したら本体に電源を入れボタンを押すと電熱ピンの温度が上がっていきます。補強したい部分にあてて押し込むようにして、押し立てた部分の溶け込み具合などをチェックしながら作業をおこなっていきます。ピンにはコの字型をしているタイプや山高いタイプ、直角タイプの他ストレートタイプなどがあります。バンパー補修剤商品には、防錆効果、耐候性、光沢に優れているものが多く販売されています。少量のキズでしたら補修することが可能でツヤ感を出すこともできます。シリコーンリムーバー商品は、ワックスやシリコーン、オイルなどを素早く除去していくことができ、パテなどの密着を高めてくれます。水性タイプのパテの場合は、固まってしまう前でしたら失敗してしまったとしても水で落とすことができますので扱いやすい商品になります。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車