車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > バンパー修理仕分け作業にかかる料金

バンパー修理仕分け作業にかかる料金

車のバンパーには、衝撃を受けたときにバンパー自体が損傷する事で、車本体にダメージが伝わらないようにするという役目があります。

最近の車のバンパーは、ボディーと一体化しているものが多く、傷が付くと非常に目立ってしまい、車を綺麗に保ちたいと思うユーザーにとっては、どうにかしてなおしたいという気持ちになりますね。

バンパーの傷にもいろいろあります。一見目立つ傷でも、実際には塗装表面に異物が付着しているものや、浅い傷が付いているだけのものは、コンパウンドで磨くと綺麗に消し去ることが可能です。コンパウンドは研磨剤で、とても目が細かく浅い傷ならすぐに目立たなくする事ができます。

しかしコンパウンドでは補修できないような深い傷や凹みがある場合には、それなりの金額が必要になってきます。

ではどれくらいかかるのかというと、バンパーの傷は修理業者、ディーラー、板金屋などでなおしてもらうことができるので、まず修理したい箇所を見せて見積もりを取りましょう。ディーラーは外注に出すので、板金屋などよりは高額になるのが一般的です。小さな傷なら1000~15000程度、大きな傷の場合最低でも3000円はかかると考えておきましょう。

また国産車と外車でも料金は大きく変わってきます。外車の場合、国内にパーツがないことがあり、国外からパーツを取り寄せる必要があるため、高額になりがちです

また修理を行う内容や箇所、大きさによっても大きく金額が変わってくるので、できるだけたくさんの業者から見積もりを取ることをおすすめします。



バンパーが割れてしまった場合、安くすませるなら修理工場に依頼し、少し高くなりますがディーラーで修理を行うと、車種によっては売却の時に有利になる場合もあります。

また他にも中古のものに交換するという方法もあります。費用的に修理をするよりも安くすませることができる可能性もあるので、検討してみるのもいいかもしれません。



注意する点は、きちんとボディーカラーにあわせたものを選ぶことです。プロに任せれば問題ないかもしれませんが、自分で補修する場合には、色合わせが非常に大切になってきます。同じような色でも少し色が違うだけで印象が大きく変わります。もし自分で行うなら、よく晴れた日の日中に行うことをおすすめします。微妙な色合いなどもしっかりと識別できるので、雨の日や夕方などは避けるようにしましょう。



仮に事故の巻き込まれた場合には、基本的にディーラーでの判断に任せるのがよいでしょう。

ディーラーが状況を見て、交換か補修かを仕分けます。ただ様々なケースがあるので、その都度状況を見て判断する事になります。

次の記事へ