車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > バンパー塗装は技術力安い業者がおすすめ

バンパー塗装は技術力安い業者がおすすめ

バンパーは擦ったり接触しやすい部分ですから、修理をする機会が多いと言えます。僅かな擦り傷であればバンパー塗装で修復できますが、一般的な業者では費用が高いと感じる人も多いはずです。費用が高いのは特殊な技術が必要となることや、専用の設備を導入する必要があることが挙げられます。



整備工場ではバンパー塗装を行うための設備が導入されていますので、費用に関しては業者が自由に決めているのが現実です。僅か数千円程度でバンパー塗装ができる業者もありますので、技術力の高い業者の中から安い業者を探すことが大切です。安く作業ができる理由は色々ありますが、塗装作業は工賃が料金の大部分をしているため、企業努力により低価格化を実現しています。



安い業者の特徴には料金設定がシンプルで分かりやすい点があります。バンパーの擦り傷は1ヶ所当たりの価格となっていますし、へこみについては10cm以内や20cm以内など大きさによって料金が決められています。シンプルで分かりやすいため、依頼する際に詳細な金額を把握することが可能です。



バンパー塗装や板金塗装では、一般に輸入車や特殊なカラーは割増料金になる場合がありますが、格安で作業を行う整備工場では割増が無いことで格安価格を実現しています。WEBサイトを持っている業者であればWEBサイトから見積もり依頼ができますし、料金設定に関しては確認することが可能です。



板金塗装は原価が低い作業ですから、工賃や諸経費の方が多い現実があります。台数を多くさばけば利益を出せる構造ですから、作業依頼の多い業者ほど低価格化が可能です。安く作業ができるとはいっても、塗装が絡むため技術力が必要になります。簡易的な補修ではなく、本格的に直さないと年月の経過と共に修理個所が目立つようになりますので、技術力の高い本格的な作業を選ぶことが大切です。



輸入車はボディの鉄板が厚いなど、パーツそのものが頑丈にできている特徴があります。そのため作業料金では割増が行われてしまいますし、特殊な塗装でも割増があります。しかし作業量自体はそれほど変わらないため、割増をするほど作業量は多くないのが現実です。お金をとれるところから取るという考え方により、輸入車は作業料金が高くなっていると言えます。



特殊な塗装でも料金に極端な差がある業者もありますが、原価で考えれば請求料金ほど大きな差は無いため、技術力が高く安い業者を探すことが大切です。

次の記事へ