車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > プロがおこなうバンパーの擦り傷修理の価値

プロがおこなうバンパーの擦り傷修理の価値


車に取って緩衝装置だったバンパー



車にとってバンパーは、大事な緩衝装置です。現在ではあまりゴム製のものを見なくはなりましたが、車だけではなく、乗っている人を守るために衝撃を吸収するのが大事な役目になります。自動車の前後に取り付けられることがほとんどであり、鉄やFRPのものが多くなってきました。表面を加工してあるだけではなく、塗装も統一されているため、素材の違いもほとんど感じずに使えるようになっています。以前のものといえば、取り外しが可能でいかにもというデザインがほとんどでした。また空力も考えられるようになり、スタイリング的にも一体感のあるものに代わってきたといえるでしょう。現在のものは、ライト類も埋め込まれているため、容易に交換するというわけにはいかなくなっています。さらにボディと一体化したものまであるのですから、衝突時の緩衝材としての役割は、かなり少なくなってしまっているともいえるでしょう。

こうした進化によって、擦り傷がついたとしても容易に交換することができません。交換となると、それこそ大事になってしまうからです。実際問題として、金属で作られていれば、変形したとしても板金で修理することもできました。ところが、樹脂製となったことで、変形すると割れてしまうという問題もあります。こうしたことからも、擦り傷程度であればきれいに補修してしまうということが一般的な対処法となってきました。プロの手にかかれば擦り傷の存在などまったくわからない状態に戻すことができるからです。



傷をなくすまでの工程



バンパーの修理ということでは、擦り傷をつけると樹脂製のものはささくれ立ったりすることが出てきます。傷のつけ方にもよりますが、まずは平滑面を作らなければいけません。ささくれはニッパーなどできれいに取るところからスタートです。そのあとは、きれいにやすりで削り取りできるだけ元の面を作り出していくことになります。もちろん、凸凹が出来上がりますので、この部分にはパテで埋め込み、硬化してから削り取って平滑面を作っていかなければいけません。ここまでの作業は自分でも行うことができますが、パテで仕上げることは非常に難しいといっていいでしょう。

硬化速度を上げれば肉痩せしやすく、うまく仕上がらないことも出てきます。平滑に仕上げるとしても、車の場合にはまっすぐな場所はほとんどありません。何らかの曲線を描いていることが多いため、技術的にもとても難しい作業になってきます。これがうまくいかなければ、修理するという意味すら薄れてしまうことを考えると素人よりもプロに任せる方が良いでしょう。

パテを削るときにも問題が出ます。やすりで傷ができてしまうこともありますし、気泡ができてこれをまた直すということも考えていかなければいけません。仕上げるとしても、やすりの番数の粗いものから徐々に仕上げていかなければならず、これらの道具を用意するのも大変なことです。これでもまだ塗装に入っていないのですから、どれだけ手間がかかるのかもわかることでしょう。



仕上がりは塗装が重要



パテが乾燥し硬化したら塗装に入っていきます。バンパーといっても塗装面は何層かの膜から出来上がってきているところが重要です。下地があり、中塗りがあって、上塗りがあります。その下塗りとして、自分で塗る場合でもサーフェイサーを使うことが一般的です。細かな傷を隠すことができるというのが大きな目的ですが、下地として中塗りがしっかりとつくようになります。塗料といっても接着剤と大きく変わるわけではありませんので、うまく付かなければ剥がれてしまうからです。そのためにも、サーフェイサーは重要な意味があり、何度か繰り返して塗ることになります。次に中塗りをして仕上げに入っていきます。プロがおこなう場合には色合わせをしていくことになりますが、自分で塗るのであれば純正カラーが一番でしょう。仕上がりが悪くなればそもそも意味がなくなってしまいます。スプレーを使わずに、タッチペンを使うこともできますが、膜厚が一定になりにくく塗りむらが出やすいということを覚悟しなければいけません。塗った後に削って仕上げるということもできますが、素人ではかなり難しいでしょう。うまく色合わせができると、ボディの塗装とほとんど変わらないように仕上げることができ、境目もわからないようにできます。

ここまでの工程を見ても、素人ではかなり難しいものがあります。バンパーといっても古いものは傷をつけるだけでサビのもとになってしまうことも出てきます。塗装が劣化してひどい状態になってしまうことも出てくるでしょう。そうなれば、車自体を傷つけてしまうことにもつながっていきますので早めに修理してしまうことが大切です。プロに頼んでもバンパーの傷などは安価に修理ができるようになりました。自分でやるとしてもかなりの費用が掛かりますので、比較検討してみるといいでしょう。その価値を再認識することができるはずです。

次の記事へ