車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 冬になると車修理を受ける機会が増えてしまうため注意しよう

冬になると車修理を受ける機会が増えてしまうため注意しよう


冬は車のトラブルが多い季節



車は、各種いろいろなトラブルが生じてしまう可能性のあるものです。実は、季節によってトラブルの起こりやすさに違いがあります。冬は、車のトラブルが最も起きやすいとされています。ですからこの時期は、特に注意をして車に乗らなければいけません。年末年始に遠出をしたり、レジャーに出かける方もいるでしょう。そもそも冬は寒いために、車に乗って移動するケースが増えてくるのです。

寒い季節になると、車の中のさまざまな部分に影響が出てきてしまいます。例えばバッテリーが上がりやすくなってしまうことです。温度低下によって、バッテリーがなかなか反応してくれなくなります。化学反応が起きにくくなっているのです。都市部は気温が高いために、エンジンを始動することができるとしても、都心を離れた田舎の方へ行くと、気温が下がってしまうために、エンジンに影響が出やすくなってしまいます。バッテリー上がりになってしまうのを防ぐためには、日頃からバッテリーの点検や交換を定期的に行うべきでしょう。トラブルが起きてしまうと、車修理に出さなければいけないため面倒なのです。車のオイルも、気温の低下による影響を受けやすいとされています。気温が低くなると、オイルの粘度は高くなってしまいます。これは硬くなってしまうということです。これによって、エンジンは始動しにくくなってしまいます。オイルについても、日頃点検をすることは大切です。場合によっては、冬用のオイルに交換しておくことも検討するべきでしょう。オイルエレメントについても、交換は必要です。これ以外にもさまざまなパーツが、冬の寒さによる影響を直に受けてしまいやすいのです。寒い季節には十分注意しましょう。



車修理をしてくれる業者がある



もし冬に車のトラブルが発生してしまったら、車修理の業者に依頼をしましょう。どのようなトラブルであっても、すぐに解決してくれます。車修理を受け付けている業者はたくさんあります。日本中に存在しているので、最寄りの業者を簡単に見つけることができるでしょう。小さなトラブルも受けつけているため、気軽に利用できるところが多いです。例えば、車が少しヘコんでしまったり、キズがついてしまった、という悩みでも構わないのです。そのような小さな悩みであっても、業者はきちんと仕事をしてくれるでしょう。

ただし、車修理の業者は、料金設定がそれぞれ大きく異なっています。基準というものはなく、それぞれの業者が自由に料金を決められるようになっているためです。そのため、できるだけ安い業者を利用するべきでしょう。メニューによってそれぞれ料金は大きく異なっています。あなたの車に生じたトラブルに合わせて、業者を使い分けるという方法もあります。土曜や日曜、あるいは祝日であっても受けつけているところが多いため、曜日や時間に関係なく利用できます。朝早くから夜遅くまで営業しているところもあるのです。車のトラブルというのは、いつ起きてしまうか予想ができません。そのため、万が一の時に、すぐに業者を利用できるように連絡先の確認をしておくと良いでしょう。出張で引き取ってくれたり、納車を無料でしてくれるようなところもあります。気軽に電話をかければすぐに受け付けてくれるのです。見積もりも無料で出してくれるところが多く、「利用しやすさ」を重視している業者がたくさんあります。



冬に車のトラブルを避けるには



冬になると車のトラブルが起きやすいため、それを避けるための方法について考えることは大切です。基本的には、メンテナンスをしっかりとしておくことが大切です。それさえ注意していれば問題が起きることは少なくなるでしょう。特に、冬になって注意するべきことは「タイヤ」です。タイヤのメンテナンスは、しっかりとやっておきましょう。また、雪の降る地域に住んでいる方は、夏タイヤを使うことは厳禁です。きちんと冬のためのタイヤを用意しておきましょう。スタッドレスタイヤにしておくべきです。雪や氷への対策をするためには、ワイパーは欠かせません。早めに交換しておくことが大切です。ワイパーが凍りついてしまったり、ガラスを傷つけてしまうこともあります。そのような事態は絶対に避けるべきでしょう。

バッテリーのメンテナンスはとても大切です。夏にバッテリーを酷使してきたような方は、特に注意するべきでしょう。そのような状態で気温がどんどん低くなってしまうと、高確率でバッテリーが駄目になってしまいます。バッテリー上がりが起きてしまうかもしれません。バッテリー内の液の量を確認したり、比重が上がるようにしておかなければいけません。このようなメンテナンスをする際には、車修理の業者を頼ると良いでしょう。業者ならば、必要なメンテナンスをきちんとやってくれるので、自分でやるよりも確実性が高いでしょう。メンテナンスをしすぎて困るということはないのです。予想外のトラブルが起きてしまわないように、しっかりとメンテナンスをしておきましょう。

次の記事へ