車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 冬の事故リスクを減らす!車のメンテナンスで対策を

冬の事故リスクを減らす!車のメンテナンスで対策を


車の事故は年齢を問わず起こりうる!特に冬場は要注意



冬になると気温が下がって路面が凍結しやすくなり、視界も不良になることから交通事故のリスクが高まります。実際に、交通事故は発生件数・交通事故者数ともに12月がピークになるというデータがあります。12月は何かと外出しなければいけない用事も増え、交通量は多くなりますが路面の状態が悪く事故が起こりやすい時期です。もちろん、1月や2月に入っても悪天候が続き、事故が起きやすい条件が揃うエリアもあるでしょう。冬の車の事故が起こるリスクを可能な限り回避するために、できる対策は行っていく必要があります。

特に夜間になるとさらに車の事故が起こるリスクが高まることも明らかになっており、昼間の2.7倍に死亡事故の割合も増えてしまいます。特に日が沈むころから夜間にかけては西日で前方が見えにくく、明るい状態から急に暗くなって目が十分に慣れていないなどリスクが高まる要因が潜んでいます。

また、車のヘッドライトをつけている車と、まだつけていない車も混在していることもあり、昼と夜の境目は危険が高まります。実際に、日が沈んでくる時間帯にはヘッドライトをつけるかどうか迷うドライバーも多いのではないでしょうか。少しずつ暗くなっていくので変化に気付きにくく、運転中に気づかない間にあっという間に辺りが暗くなってしまうこともあります。ちょうど帰宅のピークである17時から18時の間に重なることもあり、運転する際にはより一層注意しておきたい時間帯です。

車の事故は、高齢のドライバーに多いと考えている人は多いかもしれません。実際に、運転者による交通事故の件数をみてみると、高齢者の割合が最も多いです。ただ、高齢者に次いでそれほど変わらない割合で40代、30代のドライバーが多くなっています。さらに、運転免許を保有している人10万人あたりの死亡事故では若年者による運転で起こる事故が最多となっています。運転中のアクシデントは高齢ドライバーによるものだけでなく、若年層から30・40代の運転手によって起こることも多く、全てのドライバーが事故のリスクを有しているといっても過言ではないでしょう。

運転に関わるアクシデントは誰にでも起こりうるものであり、特に冬場はそのリスクが一層高まってしまいます。車の冬支度として、メンテナンスもしっかり行っていくことが求められます。自信のない人は天候が悪い日は運転を控えてみることも有効でしょう。また、そのときは晴れていても午後や夕方になって吹雪になるなど天候も変わりやすいため、天気予報をチェックして行動することも良いでしょう。



冬道の視界を確保するために



冬道ではどうしても視界が悪くなりがちです。雪が降っている日や吹雪の日は、視界不良となるためできるだけ運転を控える方がベターでしょう。しかし、仕事などでそんな状況でも外に出なければならない日もあります。

できるだけ視界を見えやすく確保するためには、ワイパーは冬用のものに取り替える方法があります。寒冷地用のワイパーの金属がゴムでコーティングされており、寒冷積雪地でも効率的に窓を拭き取ることができます。寒冷な環境でもゴムが凍りにくく作られていることも特徴です。寒冷地用のワイパーに交換しても、ゴムに亀裂が入ってはうまく拭き取れないため、こちらも定期的に点検することが望ましいです。

また、ウォッシャー液も冬用のものを選ぶことが望ましいでしょう。積雪した状況で、気温が高くなる日があると、どうしても路面が水っぽく溶けてしまいフロントガラスに泥が跳ねやすくなります。泥はねによってフロントガラスが汚れてしまうと、視界も悪くなります。そんなときには冬場でもウォッシャー液を使う必要に迫られますが、冬間の低い気温でも凍りにくいものを選びましょう。



車の整備をして冬に備える



冬に向けて、車の事故を防ぐためには車の点検や整備も欠かさずに行うことが望ましいです。まず、気温が低くなる季節になると、エンストが生じやすくなります。気温が低い環境では、バッテリーの性能が低下し、エンジンをかけるときに必要な電気をうまく発生させることができなくなります。したがって、寒くなる前にバッテリーの点検や、場合によっては交換が必要になります。また、エンジンオイルについても気温によって粘度が変わることがあり、冬場の寒さにも耐えて柔らかさをキープできるオイルを選ぶことが理想的です。

気温が下がって路面が凍結した状況で車がスリップしてしまうことを防ぐために、タイヤについても考える必要があります。雪が降る前に冬用のスタッドレスタイヤに交換することはもちろん、空気圧や亀裂の有無、溝がすり減っていないかなどを点検すると安心です。凍結路面にも対応するために、タイヤチェーンを使うことも有効です。車の整備も手を抜かずに対策していくことが望ましいです。

次の記事へ