車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 塗装の劣化をよみがえらせるオールペイント

塗装の劣化をよみがえらせるオールペイント



だんだんと劣化していく塗装を生き返らす



大切な愛車を眺めているときというのは、とても幸せな時間だと思う人も多いでしょう。しかし、もしかすると自分の愛車を眺めていると、だんだん気分が暗くなってきてしまうという人もいるかもしれません。その原因として、その変化がわかってしまうほどに塗装が劣化してしまうことが挙げられます。そうなってくると洗車しても、あるいは洗車するたびに、ますます気分が落ち込んでしまうということもあるでしょう。さらにめくれはじめたりすると、どんなに素晴らしい車であったとしても、眺めていても気分が冴えないということもあるのではないでしょうか。

塗装というものは車の大事な要素です。家族などからも買い替えを進められたり、人前に車を出すなどする気持ちも出てこなくなったりするでしょう。塗装というものは、車を守る機能を果たす部分でもあります。車は金属でできている以上、錆ということからも守ってあげなければいけません。それを考えると、塗装の劣化ということは、車の衰えでもあるといえます。大事な思い入れのある愛車の塗装ということで考えると、劣化が目立つようになってきたからといって、簡単に車を買い替えということは考えたくはないこともあるでしょう。車自体にさほど問題がないのにもかかわらず、守ってきてくれた塗装の劣化の問題だけで手放すというのは、何とも寂しい気分になるからです。

そこで、対応方法として塗装をし直すということが出てくるでしょう。部分的ではなく、オールペイントをおこない根本解決することができれば、これから先も乗り続けることができるはずです。年代物の車の場合でも、美しい塗装に戻してあげることができれば、さまざまなパーツを守っていくこともできます。錆びによって浸食されれば、戻すのは非常に困難なことになるでしょう。対策として考えてもオールペイントは有効ですし、実際に車に乗る楽しみを再び与えてくれるものですから、考えてみるべき方法といえます。



手間のかかるオールペイント



オールペイントとは、全塗装という意味があります。簡易的な塗装では、パーツ類を外して塗装することがありません。簡易塗装とも呼ばれますが、マスキング処理をしながら進めていきます。パーツはそのままですから、塗装の費用は安くあげることができますが、塗装がうまく入らない可能性が出てきてしまうのは致し方のないところです。足付けと呼びますが、塗装の接着を高めるための下地処理も不完全であり、はがれやすくなってしまう可能性もあります。

低価格であることを優先して、仕上がりは二の次であると考えるのであれば、簡易的な塗装は向きません。それでも、全塗装をすることはできますが、劣化も早いことを覚悟するべきです。オールペイントと呼ばれるときには、パーツ類をできる限り外していきます。これは予算にもつながる部分であり、外すのが難しい場合にはマスキング処理しながら塗装をしていくことで、美しくはがれにくい状態に仕上げることが可能です。コストとの兼ね合いとなるため、何でもばらせばいいというわけではありませんが、できる限り外して細かに塗装するほうが、足付けも完全に行うことができます。板金と同時におこなっていくこともできるため、修理の際にパーツを外してオールペイントするというのもひとつでしょう。

塗装に合わせたサフェーサーを塗装することになりますが、しっかりと足付けしておけば、塗装ののりは格段に高まります。オールペイントでは、塗装は時間とともに色あせていくのをカバーし、新車と変わらない仕上がりを求める方法が基本となるでしょう。塗料の配合データなどを基準として色を作り上げていくことになるため、美しい仕上がりにすることができます。



仕上がりの美しさを見るポイントは



新車の時のカラーだけではなく、好きな色に仕上げることができるのも、オールペイントの魅力といっていいでしょう。自分の好みのカラーにすることができるというのは、中古車で購入した時に好きな色でなかった時にも有効な方法です。調合できる色であれば実現させることができますが、それだけ高いレベルにするためには、パーツをできるだけ外して塗装していくことが必要になります。仕上がりというところも気になる点ですが、一般的に肌と呼ばれる仕上がり面を見ることが一番です。

塗装面を見ると、それなりに凸凹が出来上がりますが、これを肌と呼んでおり、仕上がりに直結する重要な部分といえます。塗装を吹き付ける際に、どうしても凸凹が出来上がりますが、美しい塗装ほど肌はきれいに仕上がるため、仕上がった車を見てみるのもいいでしょう。実際にさまざまなごみがついてしまうようなことも出てくるのが塗装です。そうならないように、塗装するためのブースを工夫していきます。

どうしてもごみなどがついてしまったりすれば、その部分を研磨して落とすことになり、仕上がりに違いが生まれてしまうことになるでしょう。美しい仕上がりを見せているところには、こうした配慮もあるということです。塗装というものは、車の印象も変えてしまう大事な要素です。美しい塗装の車は、どこから見てもはっきりと目を引きます。それほど重要な要素になるのですから、気になりだした時にはオールペイントを考えてみるといいでしょう。

次の記事へ