<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

安価でもボンネットの修理を安心して任せられるところ

自動車にとって重要なボンネット


自動車にとって、ボンネットという部品は非常に大きな面を占めるものです。平滑面として考えた場合でも、自動車の部品の中では最大クラスの大きさになってきます。運転席からもよく見える部分であり、何かがぶつかったりすることでへこみができれば、かなり目立ってしまう部分です。それも、道を行き交うさまざまな人の目につくことになるので、一大事といっても過言ではありません。
ボンネットにぶつかりやすいものといえば、飛来してくるものが中心です。石が飛んできてぶつかるというのは、へこみとしては一般的な原因と言えます。野球場の近くに駐車していて、ボールが飛んできてへこんでしまったというのも珍しいことではありません。正面からぶつかるといったことよりも、上から落ちるようなものでへこむことが多いため、どうしても加速がついてしまい、大きく傷がついてしまうことの多い箇所です。そのまま放置しておくわけにはいかない部分ですし、迅速に修理をしたいと感じることがほとんどでしょう。いつまでも放置をしているとやはり気になるものですし、自動車に乗る際にも気分が重くなってしまうことが多くなりがちです。
ボンネットは傷がつきやすく、大きなへこみもできやすいことから、自分で修理するのは難しい部分です。平滑な面と言えども、さまざまな凹凸が設けられる部分でもあり、滑らかに作り上げるのは大変難しいものです。大きくへこんでしまったりすれば、パテなどで盛っても痩せてしまい、ラインが崩れることになります。素人では難しい部分だからこそ、専門家に依頼するということが重要です。

素人では難しい大きな平滑面


ボンネットを修理するとなれば、板金ということになってきます。専門の技術を要しますが、専用機材を使ってへこみを引き出し、修復を進めていくことが一般的です。ある程度の形に戻すことができれば、細かな修正はパテなどを盛って整えていくことになります。
さらに、塗装によって、修理したことさえ分からないようにするのがプロの技です。これを素人が行ったとしても、うまくいくことはほとんどありませんし、驚くほどの長い時間が必要になってしまいます。プロでも施工が難しいボンネットなのですから、傷がついたりへこんだりした場合は、専門家に任せることが最善の選択となるでしょう。それも、安価でできるところが出てきているので、材料費について考えても、かなり有効な選択と言えます。
実際にボンネットを塗装するのは、非常に難しい作業です。下塗りから始めることになりますが、塗料には厚みがありますし、発色ということを考えれば下塗りは重要な意味を持っています。また、塗料の色合わせなども考えれば、難易度の高さは推して知るべしといったところです。色合わせは、マニュアルだけでうまくいくものではありません。経験も必要な部分であり、もしもうまくいかなければ、ボンネットという大きな面積において色が異なってしまうこととなり、不格好な仕上がりになってしまうでしょう。そうならないためにも、経験のある修理工の手が必要になってきます。

安くても技量の高いところがある


ボンネットの修理ということは、金額もかなりの額になりがちです。広い面積の施工が必要になると、技術を要しますし、仕上がりの精度を高めていかなければならないということもあるでしょう。それだけに、どの業者に依頼するのかということで、かかる費用には大きな違いが生まれます。
費用がかかるということになれば、少しでも安くあげたいと思う人がほとんどでしょう。しかし、安くできるという際には、いくつか理由があることも考えなければいけません。ただ安いという方法は、技術的に未熟であったり、工法に問題があったりすることもあります。簡略化することで安価にしていることも考えられるので、注意が必要です。
もう一つ安い理由として考えられるのは、効率的な手法を取っていることです。こちらは修理業者の技量という部分になりますが、本来であれば請求する必要のない塗料などをはっきりさせることで安上がりにしていることがあります。それだけの顧客数を確保するということで、効率化しつつも利益を上げることができるため、高額にする必要がなくなるといった考え方です。こうした業者であれば、安くても、仕上がりが悪くなることはありません。それどころか、工期も短くて済みますし、利用する側から考えてもメリットが大きく目立つことになるでしょう。
自動車修理の業者はいろいろとあります。板金塗装ということでは、自動車修理の中でも、さらなる専門分野になってくるということを理解しておくことが重要です。技量によって、仕上がりは大きく変わってくる職人的な部分となってくるので、信頼できるところに任せなければいけません。そのうえで安く仕上げてくれるところを選び、ボンネットの修理を任せるのはどこがいいのか、じっくり検討をするようにしましょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車