<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

愛車の塗装が劣化してお困りの方のために



塗装の劣化した愛車をよみがえらせる方法



車が好きな人にとって、自分が大切にしている愛車を眺めている時間は、幸せな気分に浸ることができるでしょう。そのような至福のひと時も、塗装が劣化し、その変化が一目見て分かるほどのコンディションになっていれば、台無しになってしまいます。一時的に付着した汚れなどとは異なり、長い時間の経過で起こる塗装の劣化は、洗って落ちるものではありません。

塗装は、車にとって重要なものであり、外見的な印象をよくするだけではなく、ボディーを保護する機能も果たしています。したがって、塗装が劣化して、愛車を人前に出すのも気が引けるようなコンディションになった場合、家族などから買い替えを勧められることがあるかも知れません。買い替えれば、新品のコンディションになることは言うまでもありません。しかしながら、だからと言って、塗装が劣化したというだけで、他に問題のない車を買い替えるのは、コストの面で賢い選択とは思えないこともあるでしょう。

そのような問題を解決するためには、塗装をし直すという選択肢があります。特に、部分的ではなく、全面的にペイントを行えば、経年劣化したコンディションを根本的に解決することもできるでしょう。オールペイントは、年代物の車も美しい状態へとよみがえらせ、車に乗る喜びを再び与えてくれるものとして、検討してみる価値のある手段と言えます。車の板金塗装や修理はもちろん、オールペイントについて相談できる業者もありますので、一度相談してみるのも良いのではないでしょうか。



簡易塗装とオールペイントの違いについて



簡易的なペイントは、パーツ類を取り外さず、マスキング処理をほどこしながら進めることとなります。こちらは、スリキズやヘコミなど部分的な修理をする際の方法として一般的です。パーツがそのままの状態で作業を進めることができるため、コストが安上がりになりますので、部分修理のみで良い場合は有効な方法です。ただし、オールペイントを行う場合、パーツが外れていないと、仕上がりのコンディションが悪くなる可能性がありますし、「足付け」と呼ばれる、塗膜の密着度を高めるための下地処理も完全に行うことができないので、塗膜が?がれやすくなってしまいますので注意が必要です。

経年劣化したコンディションの車を、簡易的に全塗装することは可能ですが、上記の理由から、劣化も早くなることが想定されるので、注意する必要があります。オールペイントでは、パーツ類を可能な限り外した上で作業を進めることとなります。パーツを取り外すことで、細かい部分の作業をすることができ、足付けも完全に行うことが可能です。また、オールペイントの作業は、板金と同時に行うこともできるので、車を修理するにあたって、パーツを外す必要性が生じた時に、併せて検討するのも選択肢の一つになります。オールペイントの場合、しっかりとした足付けの作業を行うことで、美しい仕上がり状態を得ることが可能になります。



全塗装のメリットと、利用する業者の選び方



部分的なペイントの場合、周りのボディーと色を合わせないと、違和感のある仕上がり状態となってしまいます。その一方で、オールペイントの場合には、元の色に限らず、好きなカラーに仕上げることができるというアドバンテージもあります。例えば、車を購入する時に、自分の好きなボディーカラーの選択肢がなかったという場合にも、オールペイントの作業によって、好みの色に変更することが可能となります。

ひと口に塗装と言っても、仕上がりのコンディションは、作業の方法や作業担当者の技術レベルによって違ってきます。それだけに、作業を依頼するにあたっては、利用する業者の選び方にも気を配ることが大切です。

例えば、高いレベルの仕上がり状態を得るためには、パーツをできるだけ外してから作業を行うことがポイントになります。また、仕上がりのコンディションについては、「肌」と呼ばれる面をチェックすると良いでしょう。塗料を吹き付ける時には、それなりの凸凹ができることとなりますが、こちらが肌と呼ばれる塗装面です。作業者の技術レベルが高いほど、肌は美しく仕上がることとなります。したがって、業者を選ぶにあたっては、過去に作業を行った車の仕上がり状態をチェックしてみるのも良いでしょう。

また、作業を行うに際しては、ごみなどが付着してしまうリスクがあります。作業中にごみなどが付着すると、その部分を研磨して落とす必要性が生じ、仕上がりのコンディションに悪影響を及ぼす可能性が出てきます。こちらのリスクを軽減するために、作業ブースの仕様にも工夫を凝らす必要があります。車の塗装業者の中でも、仕上がり状態の美しいところは、ブース作りなどにも細やかな配慮を行っているので、チェックしてみることをおすすめします。そのようにして、良い業者を選び、オールペイントの作業を依頼すれば、塗装の劣化した愛車を美しくよみがえらせることもできるでしょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車