車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 擦り傷ができた車を美しく修理したい時には

擦り傷ができた車を美しく修理したい時には


自分で修理する



運転していると、つい車を擦ってしまったりすることがあります。また、知らない間に傷をつけられてしまうこともあります。いずれにしても、傷ができてしまった時は、修理を考える方がほとんどではないでしょうか。ただ、修理には多くの料金がかかってしまうため、修理工場に持っていくのを躊躇ってしまいがちです。そんな時にはどのようにしたらいいのでしょうか。人によっては、自分で修理をしてしまう方もいます。自分で車の傷を修理する場合、どのようなメリットやデメリットが考えられるでしょうか。

自分で修理をする場合、まずは修理道具を用意しなければなりません。カーショップに行くと、様々なDIYの商品が多く販売されています。特に擦り傷の場合は、簡単に塗って傷を目立たなくさせるペンタイプの商品や、スプレーなどがあります。これらは車のメーカーや車種ごとに用意されているので、色合いの面で悩むことがありません。大きくない傷の場合には、自分で修理してしまうのもいいでしょう。自分で修理をする最大のメリットはコストです。修理用の商品を購入するだけで、工賃は発生しません。修理費用をできるだけ抑えたいという方には、DIYがお勧めです。

自分で修理をする場合のデメリットは、仕上がりです。小さな傷程度であれば目立ちませんし、プロではなくても傷を隠すことは簡単です。しかし、大きな傷となると、自分で修理をしても目立ってしまうことがあります。特に傷が深い場合、時間をかけて修理をしなければなりませんし、またそのためのプロセスが多くなってしまいます。日常生活ではほとんど車の修理をする機会がないため、急に修理をしようと思ってもなかなか上手にはできないものです。



プロに依頼する



傷ができてしまった際は、早めに修理をする必要があります。傷を放置していると、次第に劣化が進んでしまい、より修理方法が複雑になってしまうことが多いです。修理費用が気になっても、その後のことを考えるならば、早めに対処しておく方が、結果としてはコストの面で最も安く抑えることができるのです。できてしまった傷の対処は、自分ですることもできますが、プロに依頼する方法もあります。修理工場に依頼する場合は、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まずメリットについてですが、最たるものとしては、仕上がり面です。自分で修理をするとしても、専用の機器などではないですし、プロ並みのスキルがあるわけではないので、仕上がりの面で業者とは大きな違いが見られます。小さな傷であれば、自分で修理してもほとんど変わらないのでいいのですが、傷が大きくなってくると修理の仕上がりは大きく異なってきます。また、時間的なメリットもあります。傷が大きくなってくると、比例して修理にかかる時間も長くなります。小さい傷であっても、ある程度の時間が必要になるので、仕事を持っている方にとっては時間の調整が難しいでしょう。普段忙しくて車修理のための時間が確保できないという方は、修理工場に依頼する方がいいでしょう。

一方、プロに依頼する際のデメリットとしては、費用面です。自分で修理をすれば、修理グッズ代だけになるので安く抑えることができますが、修理工場に依頼するとそれ以上に費用がかかってしまうものです。この点が最も大きなデメリットでしょう。ただ、技術力に優れていて、なおかつ良心的な価格の工場を探す、という選択もいいのではないでしょうか。



確かなプロ選び



できてしまった車の擦り傷は、早めに修理をして、被害が拡大しないようにしなければなりません。修理のための時間が確保できない方、また、擦り傷が大きくて、自分ではきれいに直すことができないという方は、プロに頼んだ方がいいでしょう。ただ、プロに依頼する際に気になるのが料金です。どのようなプロを選択するべきでしょうか。

修理を行っている工場は、それぞれ工賃が異なってきます。そして、技術力もそれぞれ異なっているので、両方の面で検討をして、正しい選択をする必要があります。工賃が高いところが確実にいい仕事をするわけではありません。中には、工賃をできるだけ低く抑えながら修理を行っているところもあります。そういったところは、依頼の数が多いので、数で利益を得ていることが多いです。また料金設定については、明瞭なところを選択する必要があります。料金の提示がはっきりしていないような修理工場は避ける方がいいでしょう。

修理を行う工場では、工賃をできるだけ抑えながらも、クオリティの高い仕事を行っているところもあります。そういったところはしっかりとした対応をしてくれますし、料金に関しての話も、分かりやすい説明をしてくれるでしょう。修理が必要になった時には、まず連絡をする、そして見積もりを出してもらうことが必要になります。その時の対応をチェックしてみて、依頼しても大丈夫かどうかを確認することもできます。やはり、工賃がリーズナブルで、かつ修理のクオリティが高いところが最適ですし、他の修理が発生した場合にも同じような対応をしてくれるものです。

次の記事へ