車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 東京で車の修理を依頼するならどうするべき?

東京で車の修理を依頼するならどうするべき?


車の修理が必要な時



車というのは人生で何度も購入できるものではありません。とても高価なものですし、一度購入すればしばらく乗る方がほとんどでしょう。そのため、長い付き合いになることを見越して、自分や家族のニーズにあったものであったり、憧れのものであったりと、自分の欲しいものを頑張って入手する人がほとんどです。高い買い物だからこそ、大事にしようという気持ちも芽生えますから、定期的にきちんとメンテナンスを行ったり、楽しむためにドライブをしたりということもすることが多いです。

多くの人が自分の車を持つと愛着がわき、大事にしようと思いますし、色々な場所に行こうという気持ちも芽生えます。運転をする際にも傷をつけたいとか事故を起こしたいと思って運転する人は居ません。しっかりと安全確認をしたり、事故防止のために注意をしたりということをして運転をします。しかし、それだけきちんと気をつけていても残念ながらこすってしまったり、ぶつけてしまったりすることもあるのです。

それに加え、自分がどれだけ気をつけていてもそれだけでは事故は防げません。近年ではゲリラ豪雨のような急に天候が変わることも多くあり、突然の雨で視界が遮られて自分や他の通行者がうまく立ち回れずに事故が起きたり巻き込まれたりすることもあります。また、雪がたくさん降りすぎて駐車場の屋根が落ちたり大きな雪が落ちてきたりして突然ボディがへこむというようなこともあります。このように、私たちがどれだけ気をつけても車が傷ついてしまうということはあるものです。そのたびに買い替えをすることはできません。そこで修理に出して元の姿に戻してもらうという必要があるのです。そのような時に利用をするのが板金塗装です。



車の板金塗装とは



事故や天災によって車にへこみができたり傷ができたりしたものを修理する際に板金塗装業者にいきます。もちろん正規ディーラーでも対応をしてもらえるのですが、費用の面や修理スケジュールの面といった理由から業者に依頼をするという人も多いのです。板金塗装というのは傷やへこみに対して、名前の通り板金と塗装という二つの工程で修理修復を行っていくことを指します。

板金というのは、へこんだ部分や変形をしている部分を元に戻したり、パテという粘土のようなものを使って整えたりする作業のことです。中にはパーツ交換のために形を整えなくてもパーツを外す作業が必要な場合も板金と呼ばれることがあります。こういった作業も板金の一環であるという考えをする人も多く、基本的には車の外装修理にかかる塗装以外の作業はすべて板金と言われることが多いです。

塗装というのは、名前の通り塗料を塗る作業です。へこんでいる部分や傷がついている部分に対してボディと同じ色を塗って消していく作業です。塗装は板金よりも簡単でボディに使われている塗料をそのまま塗れば良いと思われがちですが決してそのようなことはありません。まずは傷やへこみの部分、板金で叩いて傷ができた部分といったところをしっかりと磨いて塗料がなじむようにすることから始まります。次に、ボディの元の色を中心にボディの色を作っていきます。この作業がとても重要で、車というのは経年変化によって紫外線や風雨の影響で色が変わっています。そのため、元の色をそのまま塗ると浮いてしまうので、今の色に調整をして塗る必要があるのです。



東京で車の修理をする



東京都内にも板金塗装業者はたくさんあります。民間の工場や、修理専門の業者で全国展開している業者など様々なものがあります。色々なタイプの作業工場があるために、修理を依頼しようと思ってもどこに頼めば良いかということがわからない人も多いものです。周囲にディーラーをしている人や修理をしている人がいれば、東京都内でおすすめの工場はどこかを聞けばおすすめのところを教えてくれますし、そういった人は実際の作業の様子や仕事の精度を知った上で良いところを紹介してもらえるので、とても安心して任せることができます。また、紹介であるということで、自分への対応についてもきちんと行ってもらうことができますから、信頼して作業を任せられるという安心感が大きくなります。

しかし、そういった板金塗装業者について詳しい人がいない場合には自分で業者を探す必要が出てきます。インターネットがあるので、インターネットで都内の業者のホームページを確認するのが最も有効です。また、合わせて口コミについても確認をすると、実際に作業を依頼した人たちの仕上がりへの感想や対応への意見というものが聞けるので、参考にしやすいです。ただし、ホームページの情報というのはその人の主観が含まれているために自分にとって合うかどうかはわかりません。

そこで手間はかかりますが、確実な方法はやはり自分の目で工場の確認をすることです。状況を説明して見積もりを出してもらったり、作業工程の説明を受けたりということをして安心して任せられる業者を選ぶことが最も安心できますし、料金についても納得した上で依頼をすることができます。

次の記事へ