車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 板金塗装という作業

板金塗装という作業

板金塗装とは、主にダメージを受けた自動車の外装パーツを修理・再生する作業のことであり、板金作業と塗装作業という二つの工程があります。この作業は事故やいたずらなどにより、損傷を受けた自動車のボディーパーツを修理するためのものであり、建築物などの材料加工や修復についてもこのように呼ばれることがありますが、一般的には自動車の修復作業のことを指しています。



鈑金作業は主に形を整える作業のことであり、板金ハンマーと当て板を使用するハンマリングによる板金が代表的です。また、スタッド溶接機を使用する方法や盛り半田を使用する方法などもありますし、ボディーパーツの交換作業や塗装作業に伴う部品の脱着作業なども板金の一部として扱われることが多くなっています。



塗装作業は主に色と表面を整える作業のことであり、板金によって整えられたボディーパーツや交換されたボディーパーツに対して塗装を行い、元の状態に近づけるために行われます。ちなみに、板金塗装の仕事の中には大きな損傷の修理が行われることもありますが、このような作業は内製工場のないディーラーでは行うことができないため、鈑金塗装を専門としている業者に依頼する必要があります。



一口に板金塗装の専門業者といっても全国にさまざまなところがあります。そこで業者の選び方が重要になってきますが、大切な車の修理を依頼するなら、技術力に優れていて価格も良心的なところを選びたいものでしょう。そのような場合、実際に利用した人の口コミを参考にするのがオススメです。板金塗装を専門としている業者は、地域密着型で地元の人から利用されていることが多いため、気になる業者を見つけたら、周辺に住んでいる知人や友人に評判を聞いてみましょう。



業者について知っている人が近くにいない場合は、地域のガソリンスタンドで相談してみるという方法もあります。また、最初から1社だけに絞り込まずに、いくつかの業者をピックアップして比較してみると良いでしょう。



気になる業者の候補をいくつかピックアップしたら、今度は修理したい車を持ち込んで見積りを依頼することになります。その際には、傷が目立たなくなる程度の補修でいいのか、新車のようにしっかりと修理したいのかなど、具体的な要望を伝えることで見積もりを正確に出してもらうことができます。また、仕事や買い物などで車をよく使用するという場合、修理期間中には代車が必要となるため、しっかり用意してくれる業者かどうか確認しておきましょう。

次の記事へ