車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 板金塗装について

板金塗装について

板金塗装を業者に依頼するメリット



板金塗装とは、車を運転していて不注意によってボディを傷つけてしまったりする時に修理をすることを言いますが、修理をする方法としては「ディーラーに依頼する方法」と「塗装専門業者に依頼する方法」の二つが存在しています。

どこに依頼をしようか迷っている人もいるかと思いますが、その中でも最近利用者が多いと言われているのが塗装専門業者になります。これから板金塗装を検討している方も多いと思うので、今回は塗装専門業者に依頼をするメリットについてご紹介します。

まず、魅力的なポイントとしては高い技術力ということが第一に挙げられます。塗装専門業者ではあらゆる車の修理を行っているので、板金塗装のプロフェッショナルになります。その為、小さなキズから大きなキズ、ボディの凹みなどあらゆる状態の回復を期待することができます。基本的には修理が難しそうな問題でも解決をすることができるので魅力的です。

次のメリットは、中間マージンがかからないことです。例えば他の場所で依頼をする場合、専門的に作業を行っていないところは依頼を受けたとしても下請けに任せることが多くなります。その時に発生するのが、中間マージンです。それによってトータルで見ると料金が高くなることがあり、余分な出費がかかることになります。しかし、専門業者に依頼をすれば基本的に自社工場で修理をしているところが多い為、中間マージンがかかることはありません。その為、料金についても他より安く完了させることができます。それほど修理に予算をかけられない人は、一度板金塗装を専門的に行っている業者に依頼をすることで安く済ませられる可能性が高くなります。

最後のメリットは、修理にかかる時間が短いことです。例えば、専門的に行っていない業者に依頼をすると下請けに依頼をすることになるので、基本的にその日に持ち帰るというのは難しくなります。その為、車に毎日乗る方は代車の用意をする必要があり、料金についても追加で発生する場合がありますが、塗装専門業者なら自社工場なので修理の時間も短縮することができます。

このように、専門業者に依頼することによって大きく分けると3つのメリットが存在しています。これから検討している方は、どちらが得かなども検討しながら選ぶことで後悔をすることもなくなります。



板金塗装で中古パーツを利用するメリット



板金塗装は修理方法が様々となっており、パーツ自体も純正品からリサイクルパーツまで様々です。今回はその中でも中古パーツについて紹介をしますが、これは一般的に「リユースパーツ」と「リビルトパーツ」という再生部品の二種類が存在しています。

中古パーツは廃車にされる車の部品を利用しますが、日本だけでも廃車となる車は数百万台以上と言われています。廃車となる車は、もちろん事故を引き起こしている車のみならず、状態の良いものまで含まれています。その為、板金塗装をする際には使用することも多々ありますが、中古と聞くと不安に思う方も多いのではないでしょうか?今回は、不安に思っている方のために中古パーツのメリットについてご紹介します。

まず、新品のパーツよりも格安で手に入れることができるので、財布に優しく経済的です。例えば、「できる限り修理にかける費用を抑えたい」「用意できる資金がそれほどない」というような場合には、中古パーツを使うことで安く修理をすることが可能です。車種によっても異なりますが、基本的にはリーズナブルな価格に設定しているところがほとんどです。

次のメリットは、新品ではないため同色のものがあれば違和感なく取り付けられます。基本的に、車はある程度乗ることによってコーティングが薄くなったりすることがありますが、そこに新品のバンパーやボディなどを取り付けるとなると色やツヤなどコーティングが異なるため、不自然になることがあります。自然体にするために塗装をしなければなりませんが、中古バーツなら車に合うものを見つけられる可能性もあるため、塗装いらずでそのまま交換できる可能性があるのはメリットとなります。

このように、中古パーツにはメリットが数多く存在しているので、安く済ませたいと思っている場合は検討してみると良いでしょう。



板金塗装業者の選び方



板金塗装をする際には業者選びも重要になるので、今回は選択で困っている方のために選び方をご紹介します。

まず、料金にこだわっている方は、引き取りや納車の手数料が無料のところを選びましょう。修理の代金が安くても、他の部分で料金が高くなる可能性があることもあります。できる限り安く抑えるためにも、修理以外の料金がなるべくかからないところを選ぶようにしましょう。

また、見積りも重要なポイントです。見積りをすることによって正確な料金を知ることができるので、料金の面で後悔をすることがありません。なるべく納得のいく板金塗装業者を選ぶなら、見積もりが可能なところを選ぶようにしましょう。

次の記事へ