<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

板金塗装についてと保険の使用について



板金塗装の節約術は中古パーツの利用について考えよう



車のボディのキズや破損をしてしまった場合には修理を依頼する人が多いですが、こういったキズや破損を修理、再生するのが板金塗装です。修理するためにはそれなりに専門的知識のあるところに依頼をすることでキズをつける前や、車のボディが凹んでしまう前の状態に戻すことが可能です。修理の方法はいくつか上げられますが、なるべく修理をする際には節約方法を考えて依頼したいと思っている方が多いでしょう。

節約をするためにはどんな方法があるのかですが、基本的には業者の選び方が重要です。その中でも安さにこだわっている業者に依頼した方がいいですが、業者によっては中古パーツを利用しているところがあります。こういったところに依頼をすることで板金塗装でも安く修理をすることが可能です。では、具体的に中古パーツを利用することでどんなメリットがあるのかについてお伝えします。

まず、中古パーツと聞いて大丈夫なのか心配に思う方もいるかと思いますが、基本的にはしっかりと品質チェックをし、美化を施したものが使用されるので、問題はありません。上手に節約をしている人は中古パーツを使用している方が多くなっています。また、何といっても中古パーツはお財布にもやさしいのが魅力的な部分です。基本的に中古パーツは品質チェックや美化をして販売がされているので、新品に近いものも使用することが可能です。実際に新品のパーツを購入するとなると、単価は高く修理をする時もある程度費用が必要になりますが、中古パーツなら仕入れが安く済むので、その分修理も価格安で行うことが可能です。パーツによっては新品の5分の1の価格で修理ができることもあるなどお財布には優しい方法になるので、とにかく安く直したいと思っている人は中古パーツについて検討するといいでしょう。このように、中古パーツを使用することでいくつかメリットはあります。これから修理を依頼しようと思っている人の中にはなるべく安くしたいと思っている方も多いでしょう。納得の修理をするためにもどんな板金塗装が可能かを事前にチェックしておくといいでしょう。



板金塗装は安くしたいなら業者の選択も重要



板金塗装は修理の方法によっても価格が異なりますが、どこに依頼するかによっても価格が異なります。実際に他ではなかなかできないような安い価格で修理を行っている業者があるので、ここでは安く修理を行ってくれる業者の見つけ方について紹介します。

まず、1つ目に見ておきたいポイントとしては引き取りや納車料金の発生の有無です。修理をしてくれる業者によって異なりますが、引き取りや納車の料金が発生するところも多く存在します。実際に引き取りや納車はそれほど高額な料金になることはありませんが、料金が発生するか発生しないかではトータルの料金に差が出るので、なるべく安く済ませたいなら引き取りや納車は無料で行ってくれる業者を選択するといいでしょう。

また、2つ目は見積もりの有無も確認しておきましょう。修理をする前には見積もりをしたいと思っている方も多いでしょう。実際に見積もりをすることでどのくらいの料金が発生するのかをチェックすることができます。近年ではインターネットから個人情報を一切記入せずに見積もりをすることができる業者も存在しています。直接問い合わせなくても簡単にどのくらいの費用が発生するか見ることができます。他の業者と比較するためにも見積もりは有効的な方法になるので、特に安く修理をしたいと思うなら事前に見積もりを行うことがポイントです。このように、ここでは板金塗装を安く行うための業者の選択について紹介しましたが、特に引き取りや納車料金の発生の有無や見積もりについては重要なポイントになるので、2つのことは予め調べてからどこに依頼するかを決めるといいでしょう。



板金塗装で考えたい保険の話



愛車にキズやヘコミが発生してしまった時、保険に加入している人は保険の利用の有無について考える方が多いのではないでしょうか。しかし、実際は事故の状況や車の状況によっても使用するかしないかは異なります。場合によっては保険を利用した方が費用がかかってしまうことがあるので注意が必要です。保険には生命保険などとは違い等級制度があります。その為、保険を使用すると翌年には3等級程下がりますし、使用しなければ1等級上がる仕組みです。等級によって料金が異なるのがポイントで、場合によっては保険を使用すると翌年の保険料が数万円も違うとなることがあります。

例えば板金塗装がそれよりも安く済めば保険を使用しない方が得になります。その為、等級によっては損をしたり、得をしたりすることがあるので、事前に等級を確認しながら使用するかしないかを決定するといいでしょう。このように、保険の話をしましたが、後悔しないためにもチェックは必要になるので、業者でかかる料金と保険の費用について調べてから検討するといいでしょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車