<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

板金塗装の方法と失敗しない依頼先選びの方法



板金塗装の必要性



私たちの生活で車は必要不可欠なものの一つです。とても高い買い物ですし憧れて購入する人も多いですから、少しでも長く綺麗な状態で乗り続けることができるよう、多くの人が気をつけて乗っています。しかし、どれだけ気をつけていても、ぶつけてしまったり擦ってしまったりといったことでキズがついたりへこんだりするということは起きてしまうものです。

そして、車にキズがついたりへこんだりするのは自分の不注意だけではありません。自分がどれだけ気をつけて乗っていても、他の人からぶつけられてしまうこともありますし、他の車が飛ばした石が車に当たってしまうということもあったりします。それ以外にも台風で木が飛ばされてきてキズをつけてしまったり、雪が降って駐車場の屋根が落ちてしまってへこんだりといった自然災害によってダメージを受けてしまうこともあります。そのため、誰でもどれだけ大事に車に乗っていても、車がある日突然キズがついたりへこんだりしてしまうということもあるのです。

車がへこんだりキズがついたりすれば、やはりそのままの状態で車に乗り続けることはあまり良い気持ちがしません。そして、その状態のまま乗り続けると目に見えないところで故障が起きて車にトラブルが起きたり、キズの部分が広がったり錆びてしまったりといったトラブルが起きてしまうということもあります。だからといってすぐに車を買い替えることもできません。そこで、多くの人がキズがついたりへこんだりしたら早いうちに車の修理をします。このようなキズやヘコミを治すための修理が板金塗装といわれるものです。車のディーラーや自動車修理工場といたところで作業をしてもらうことができます。



板金塗装業者の方法



板金塗装というのはひとくくりに言われますが、車の外装にできた傷の修理工程として、板金と塗装という二つの工程をしています。板金というのは車がへこんでしまったり変形してしまったりした部分を元の状態に戻すための作業です。へこんでしまった部分をハンマーで叩いて元の状態に近いところまで戻したり、微調整をするためにパテという粘土状のもので形を整えたりという作業をします。その作業だけで修復ができなければ溶接機を用いての作業や盛りハンダを使っての作業をして修復をします。

しかし、このような作業をしてもへこんでいる部分が戻せるとは限りません。へこみがひどかったり複数箇所にへこみがあったりする場合には部品を交換しなければならないこともあります。この場合、へこんだ部分を修復する作業はありませんが、車の外装修理に関わることで塗装以外の作業についてはすべて板金でまとめられることも多いです。

塗装は名前の通り色の剥げた部分を修復する作業です。ヤスリで表面を削り塗料が綺麗に付着するように磨き上げていきます。その後塗料を塗るのですが、ボディーカラーに合った色を作り周囲と色の違いが出ないように調整することが必要であり、この作業がとても難易度の高い作業です。車のボディーカラーというのは複雑で単純に黒、白、といった色で表現されますが、実際にはパールが配合されていたり独自配合がされていたりと微妙な色味がありますし、経年変化もしているのでその色に合ったものを調合することが必要になります。そのため、ただ塗料を塗るのではなく合う色を作って塗るという二段階の作業をしています。



板金塗装業者選びの方法



車の修理というと車のディーラー、カー用品店、修理専門店、修理工場、ガソリンスタンドなどたくさんのところで修理をしてもらうことができます。たくさん業者がありますが、それぞれにメリットとデメリットとがあります。そこで、自分の中で技術や費用、作業日数、代車の有無といったことから総合的に依頼できる業者を決めていくことが重要です。

例えば、車のディーラーは自分の車のメーカーですから塗料もパーツも揃っていますし車についての知識も豊富です。しかし、その反面正規ディーラーの作業費用は最も高額です。また、ディーラーでは修理ができず工場に持ち込むことになるケースもあるので作業に日数がかかるということもあります。どれだけ日数がかかってもディーラーが認めた技術のある業者に依頼することが安心できるという人は、正規ディーラーでの作業がオススメです。

少しでもリーズナブルに、そして早く作業をしたいと思えば修理専門店に依頼するのも一つです。ただし、板金塗装については作業内容によってかかる時間も違ってきます。パーツ交換が必要となればパーツの取り寄せが必要となります。ただし、工場によっては中古で綺麗なパーツを見つけてきて取り付けてくれるということもあるので、作業費用が安く済むというケースもあります。

工場の場合には、作業の内容やパーツ費用、技術料といった金額に大きな違いがあるため、事前にしっかりと見積もりを出してもらうことも重要です。見積もり内容を見てしっかりと安心して依頼できるという業者を選ぶことが重要です。代車についても無料で借りることができるところと有料のところがあるので代車が必要な人は事前に確認しておきましょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車