車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 板金塗装の豆知識について

板金塗装の豆知識について


板金塗装を専門業者に依頼するメリットについて



車の運転は人間がハンドルを握って操作をするので、絶対に事故が起きないということはありません。不注意によって壁にぶつけてしまったり、擦ってしまったりなどして車を傷つけてしまうこともあります。キズを付けてしまった場合には落ち込んでしまうこともありますが、直す方法として板金塗装というものが存在しています。どういうものかというと、大切な車についてしまったキズやヘコミなどに対して裏から叩いたり引っ張ったりして形を整える板金の技術と、塗装が剥げてしまった部分に元の色を合わせて塗っていく塗装の技術の2工程によって車を綺麗な状態に修復していくプロの業者のことを言います。

しかし、実際に修復が可能な業者は多く、どこに依頼したらいいのか分からない方もいるでしょう。こういった方が納得して修復するためには板金塗装を専門的に行っている業者に依頼することが後悔しない方法になるので、実際に依頼して直してもらうことでどのようなメリットがあるのかについて今回は紹介をしていきます。

まず、メリットとしては仕上がりの綺麗さが挙げられます。例えばキズやヘコミなどを付けてしまった場合には自分で修復を試みる方もいるかもしれませんが、個人で完全に修復をするのは相当の知識がないと難しいことだと言われています。仕上がりも色合いがバラバラになったりなど修復した箇所が分かってしまうこともありますが、板金塗装が可能な業者なら修復したかどうかが分からないくらい綺麗に仕上げることができます。仕上がりを気にしている人はなるべく専門業者に依頼した方が安心です。

続いてのメリットとしては料金が安いことです。実際に業者によって価格は異なりますが、その中でも自社工場で修復を行っている業者は修理代金を安く済ませることが可能だと言われています。理由としては中間手数料がかからないからです。例えば依頼したところで修理を行っていない場合には下請けに依頼をして頼むことになりますが、下請けに頼んでしまうと中間手数料が発生するので価格が高くなってしまう可能性があります。しかし、板金塗装が可能な業者なら、自社工場で修復が可能なので価格も安く抑えることができます。板金塗装をする時に修理費を抑えたいと思っている場合には中間手数料がかからないところを選ぶようにしましょう。

このように、今回は一例の紹介をしましたが、板金塗装が可能な業者に依頼することで得られるメリットは色々存在しています。後悔しないためにもメリットを多く得られるところで依頼するようにしましょう。



板金塗装をする前後で知っておきたい豆知識



板金塗装をすることで車を傷つけたりする前の状態に戻すことができますが、綺麗に完成させるためには修復をする前後についてそれぞれ知っておきたい情報がありますので、今回はその2つのポイントについて紹介します。

まず、修復する前で知っておきたい情報について紹介をしますが、施工前に車を綺麗にするときにはワックスがけは極力しないようにしましょう。施工前にはできる限り車を綺麗な状態にして渡そうと洗車をしてから持ち込む人たちが多いですが、ワックスまで行ってしまうとワックスは油膜分になるため、塗料をはじき、塗装が浮いてきてしまう可能性が高くなってしまいます。綺麗に施工したいと思っている場合には車を綺麗にすることは問題ありませんが、ワックスをかけないように心掛けましょう。

続いて施工後に注意しておきたい事項について説明をしますが、塗装をしている場合には完全に乾いている状態で洗車をするようにしましょう。基本的に業者から引き渡してもらう時は乾燥してからになりますが、施工直後の場合は直射日光や紫外線などの影響によって塗装面が柔らかくなっている可能性もあります。塗装がボディーに定着する期間が約1カ月から2カ月ほどになるので、それまでは安全のために洗車をしないようにしましょう。

このように、板金塗装をする前とした後で気をつけた方が良い事は存在しているので、綺麗に直すためにもできる限り守るようにしましょう。



板金塗装を行える業者を選ぶときのポイント



車を傷つけてしまった場合など板金塗装について考える方が多いと思いますが、業者の選び方は重要になるので、ここからは選ぶ際のポイントについて紹介します。まず、見積もりが可能かどうかの確認をしましょう。見積もりをすることのメリットとしては細かな金額を出せることです。後々料金が異なるということはないので、安全に修理してもらうためにも見積もりの依頼が可能なところに依頼しましょう。

また、ネット予約が可能かどうかも見ておくと良いでしょう。ネット予約ならいつでも依頼することができるので、仕事が忙しい方でも予約することが可能です。また、ネットからなら手軽なので、ネット予約の有無も確認しておくと良いでしょう。

次の記事へ