<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

板金塗装を依頼した際に出来上がるまでの期間


板金塗装の必要性



誰でも車に傷をつけたりつけられたりしたことはありますし、同様にボディを凹ませてしまったことがあるものです。車は自分がどれだけ注意深く運転をしていても相手の不注意で車がぶつけられてしまったり、擦られてしまったりすることがあります。もちろん、自分自身もどれだけきちんと運転をしていても時には死角ができてしまったり不注意を起こしてしまったりしてぶつけてしまうことがあります。

また、車を運転する状況というのは常に晴れて見通しが良い状況ではありません。ゲリラ豪雨のように急に天気が悪くなることもありますし、悪天候の中運転しなければならないようなこともあります。そのような状況になれば、いつもと路面も視界も異なるので事故やトラブルも起きやすくなります。それだけでなく、外に車を停めている人は駐車している際に強風でボディに傷がつくこともありますし、雪が落ちてきてボディが凹むこともあります。

このように、私たちが運転中にどれだけ注意をしていても、自分の見落としで車に傷がつくこともありますし、他者に傷つけられることも自然災害で傷がつくこともあるのです。もしも傷がついてしまった場合には、そのまま運転を続けることは難しいことがあります。場合によってはドアが閉まらなくなったり運転に支障が出てきてしまったりすることもあります。そうでなかったとしても傷の状態によっては早く修理をしないと損傷部分が錆びてしまうこともあるのです。

そのような時に行うのが板金塗装です。車の凹んでいる部分を元に戻したり、傷を塗装して見えなくしたり、場合によってはパーツの交換をしたりという作業が行われます。新車に変えるほどではないけれど、少し傷や凹みが目立つという時にはこの作業をすることによってほとんど元の状態の車に戻すことができます。



板金塗装にかかる期間



板金塗装にかかる期間というのは車の状態にも、依頼する工場、時期によっても様々です。本当に少しの傷や凹みであれば持って行って数時間でそのまま直してもらい持ち帰ることが可能です。工事の内容によっては1時間ほどで終了することもあり、受付や修理内容の確認といった作業を含めても2時間ほどで持ち帰れることもあります。

広い範囲で凹んでいたり、傷ができていたりする場合には下地作りや下塗りというような作業がでてきてしまいます。下地を作るのに1日から1日半程度、その後下塗りをさせた場合に乾燥するまでに1日程度、最後の上塗りが1日程度というようになるので作業は5日ほどになります。

凹んでいる部分が大きくて修理が難しい場合にはパーツの交換が必要となります。この時、正規品のパーツを使用したり、中古車や他の修理工場から中古パーツを取り寄せたりとパーツの入手方法も様々です。取り寄せるパーツの種類によって取り寄せの期間が変わってくるために修理にかかる時間も変わってきてしまいます。部品を手元に多く在庫で抱えているところであればすぐに対応できますが、様々な方法での取り寄せとなる場合には取り寄せから工事まで1週間ほどかかることが一般的です。

大型連休の前後というのは事故が起こりやすいです。また、車で出かけることも多いので気になる箇所を修理しようと考える人も増えます。そのため、工場に車を持ち込む人も増えてしまうので、作業をしてもらうにも待ちが発生してしまうことがあります。ゴールデンウィーク前後やお盆前後というのは作業が集中しやすいので工場によっては2週間待ちというようなこともでてくるので、車を使う時期が決まっている場合には注意が必要です。



工場選びが重要



板金塗装をしてもらう場合、少しでも早く作業が終わるに越したことはありません。早く終われば代車を借りる必要もないですし、自分の車がないという不便な期間も短くて済みます。しかし、工場選びの基準というのは、このような工事期間だけで選ぶのはとても危険です。

板金塗装というのは様々な技術が必要です。凹んでいる部分を元に戻すためには、叩いて調整をしながら元の形に仕上げる必要があります。塗装についてもただ車種指定の塗料を塗れば良いのではなく、経年劣化や日焼けに応じて色の調整をして元の色にあったものを調合して塗料を作らなければなりません。

このように、ただ塗るだけ、ただパーツを交換するだけといった単純作業ではなく、プロの経験に基づいた技術を要するために、工場によって仕上がりに差が出てくることがあります。もちろん、技術や作業期間というのも工場によってまちまちです。

作業員を多く雇っている工場でも、技術がある人ばかりとは限りません。そのため、すぐに対応してもらえるとしても新人で作業に不安が伴うというケースもあるのです。逆に時間はかかったとしても信頼できる技術のあるベテランがとても美しく仕上げてくれるということもあります。そのため作業期間で全てを決めるというのはとても危険なことなのです。

すぐに車に乗る予定があったり、旅行に出かけたりといった事情で作業期間を優先しなければならないこともあります。しかし、ある程度時間に余裕があるならば複数の工場に作業内容の見積もりや工事日程の見積もりを出してもらい、見積もり内容と工場の雰囲気、スタッフの対応といったものを総合的に判断して最も信頼できる工場に依頼をするのが理想的です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車