車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 神奈川の特徴と自動車板金の基礎知識について

神奈川の特徴と自動車板金の基礎知識について


作業の大まかな流れ



神奈川県は横浜市を県庁所在地とする県で関東地方に属しています。神奈川といえば数多くの観光名所を有する県としても知られていますし、都心からほど近く横浜や鎌倉、横須賀、川崎など交通の便が良いことから日々大勢の観光客が足を運んでいます。有名な景勝地や遺跡もありますし、温泉地もあるため国内外からたくさんの方が訪れています。この地域でしか食することのできないご当地グルメを求めてやってくる方も少なくありません。歴史的価値のある史跡や名所もエリア内に数多く、車で訪れる方も多いでしょう。

都会的な地域である神奈川県内でも車を所持している方も多いでしょう。時には板金が必要なこともあります。自動車の板金、という言葉は一度は耳にしたことがある方が多いと思います。運転中に板金工場の看板を目にしたことがある方も多いでしょう。事故などで車に傷がついたときなどに板金作業をしてもらうことになりますが、そもそも板金とは具体的にどのような作業なのかご存じという方は少ないはずです。

では、実際に車に傷がついてしまったときなどに、どのような流れで修理が行われるのかということですが、まずは傷がついた場所をキレイに削って平坦にします。削るのは専用のツールを用いて行いますが、DIY(自身で修繕する場合)だとサンドペーパーなどを使うことがほとんどです。

次に損傷した箇所にパテを塗っていきます。パテの形状を整えるために削り、それが終わったらサフェーサーと呼ばれる下塗りの塗料を吹き付けします。吹き付けを行うときにはほかの箇所に塗料が付かないようにしっかりとマスキング、養生を行います。その後またパテを削り、本塗りを行う準備をします。本塗りをしてクリア塗料を塗れば完了となります。これが一般的なキズを直すときの流れで、このような車のキズを直す作業のことを板金と呼んでいますが、実際にはもっと幅広い意味で使われます。



自分で直すこともできるのか



自分で直したほうが安くつくのではないかと思っている方も中にはいるはずです。実際自分で板金作業を行うことができるのかということですが、リスクがありますが自分で直すことも可能です。カスタムが好きという方や車いじりが趣味という方の中には自分で板金をしてしまう方もいますし、中にはプロ顔負けのテクニックを身につけている方もいます。しかし、現在では一昔前のイメージとは異なり、数千円という格安で作業を行ってくれる業者もいるので、材料費をそろえる手間を考えると、そういった業者を探してお願いすることもおすすめです。

車の修理に詳しくない方で安く仕上げようと思っている方や、DIYなど細かい作業に慣れていない方だと仕上がりが汚くなってしまうことがあります。車は常に使う大切なものなので、無理をしないことが重要です。初めて作業を行う方だと材料を探すところからはじまるため、なかなか先に進まないこともありますし、せっかく完了したとしてもとてもプロが作業したのと同じようには見えません。見た目が悪くなるリスクがあります。ぼこぼこになっていたり、色むらができてしまうこともあります。やはりプロと同様のレベルで修繕するには相当な時間を要します。また、プロと比べて作業時間も長くなりがちというデメリットもあります。



安く作業してもらうには



車の傷を少しでも安く治したいと考えているのならDIYという手もありますが、先述したようにどうしても仕上がりが雑になってしまうことが多いです。慣れればキレイに直すこともできますが、それでもプロが使っている専用ツールとアマチュア用のツールとでは作業効率も大きく異なります。では、傷をキレイに直したいけど料金はなるべく安くあげたいという場合にはいったいどうすれば良いのでしょうか。

現在では格安で板金作業を行ってくれるような工場もありますから、そのような業者に依頼して直してもらうことです。さまざまな企業努力によって激安料金を実現しているような業者もいますし、こうした業者なら格安料金で愛車をキレイに直してもらえるでしょう。しかも、業者によっては自分でツールや塗料を購入してDIYで直すよりも安くつくようなところもあります。相当な企業努力をしていることが予想できますが、このような業者に依頼すれば可能な限りリーズナブルな料金で愛車を元通りにしてくれるのではないでしょうか。

自分で作業すれば安くなる、と考える気持ちは十分理解できますが、やはりキレイに直すということを考えると専門業者に依頼するのがベストです。作業に慣れていないとツールや塗料を何度もダメにしてしまう可能性がありますから結局プロに依頼したほうが安くつくことが多いですし、そう簡単に素人が車の傷をキレイに直すことはできません。直せる方もいますが、そのような方はほんの一握りです。最初から専門業者に依頼したほうが安心できるのではないでしょうか。

次の記事へ