車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 綺麗な仕上がりを約束しているバンパー塗装

綺麗な仕上がりを約束しているバンパー塗装

自動車の場合では、ぶつけてしまったり、経年劣化によって、自然と傷みが発生してしまうことになります。人によっては洗車を小まめに行っている方も数多く存在しており、ワックスや各種コーティング剤などで施工している方も存在しています。国内では特に自動車を大切に取り扱う国民性があると言われており、小傷などが付着してしまうことが無いように、日々配慮している方も多い傾向にあります。自動車のボディに関しては、高品質な塗装が施されていることになりますが、駐車場所などの保管状態によっては、耐雪に取り扱いをしている場合でも、自然に劣化してしまうこともあります。



そんな中、自動車の中でも小傷などが発生しやすい部分としては、バンパーと呼ばれているパーツが用意されています。一般的にはフロントバンパーとリヤバンパーに分かれていることになり、車体の前後に取り付けられているものになります。通常では衝突などをしてしまう際には、一番先に傷が付いてしまう部分としても認知されており、中にはバンパーガードや各種プロテクターを施している方も存在しています。



しかし、大切に取り扱いをしている方であっても、時には傷が付着してしまうことも多い場所として認知されており、このケースではDIYとして所有者本人の手によって修復される方も存在していますが、傷の状態によっては自己修復が困難な状態も多く、専門業者に依頼をすることによって、綺麗な塗装を施すことが可能とされています。専門業者の中には格安で施工をしているものが用意されているために、現在ではインターネット等を活用することによって、情報を得ることができお得に利用することができます。



塗装に関しては、最初に傷を修復することから始めることが基本とされています。傷の修復に関しては状態によって異なりますが、一般的にはパテを利用することになります。少し多めにパテを利用して、硬化後にヤスリがけを行うことも基本になります。この時点で下地が整うことになり、その後に塗装作業が行われることになります。塗装作業に関しては、下地用のタイプから本塗り用のタイプ、最終的にクリアラッカーなどを利用する方法がメインとして行われており、中間に位置している本塗装のボディカラー部分に関しては、複数回に分けて一定の厚塗りを行うことによって、深みのある綺麗な状態に施すことが可能とされています。現在では修復技術も向上しており、お得に利用できるサービスも充実しています。

次の記事へ