車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 職人技が光る自動車板金塗装

職人技が光る自動車板金塗装


元のかたちに戻すための板金



自動車修理ということでは、板金塗装は欠かせない工程です。石が飛んできて軽くへこんでしまったようなことから、大きな事故でダメージを受けてしまうような損害まで修理をして元の状態に戻していきます。外装の損傷の修理が基本ですが、板金と塗装という2つの工程を一緒にしているからこそ板金塗装と呼ばれるようになりました。板金とは、何かの問題でへこんでしまった場合、これを直す作業です。元の状態に近く戻していくことで、ボディなどを修復します。たたき出しでは、金属が延びることもあり、微調整まではできないため、パテで形状を修復させてわからないようにもすることが可能です。

ボディが切れてしまっているような場合には、はんだを使用して修復することもおこないますし、いったん切断して溶接によって修復するような大々的な修理もします。自動車の場合、新品にしたくてもできないような一体型のパーツもありますので、こうしたつなぎ方もすることで修理するのが板金だといえるでしょう。外装修理に関して言えば、塗装以外は板金であるという言い方もできます。それぐらい幅広く修理することであり、大きなダメージから回復させることに重点が置かれている工程です。

大きな修理になると、重量のバランスもとらなければならず、ただ叩きだしたりパテを盛ればいいというわけにはいきません。車は重量バランスが崩れると、まっすぐ走ることができなくなります。左右だけではなく、前後に狂えば、ブレーキにも支障をきたすことになるでしょう。自動車板金塗装というと、非常に荒っぽいイメージもありますが、繊細な修理も必要になってきます。エンジンなどの修理が正常に動き、性能を発揮することに重点を置かれることに比べると、理論的な事も重要ですが、職人的な経験もなければできません。



仕上がりを左右する職人技の塗装



塗装は、その名前の通り、板金や交換によって変わってしまったカラーを基に合わせることです。板金では、叩きだしたり熱を加えて戻す工程が多くなります。こうなると、樹脂でできている塗装は劣化し剥がれ落ちてしまうことになるでしょう。やすりなどで削られることも多くなりますので、これを基の通りの色に戻します。パテ処理をしている場合なども、下地処理から行い、下塗り、本塗り、仕上げのクリア塗装と3つの工程が中心です。

塗装というと、もう出来上がっている塗料で塗れば完成と思われがちなところがありますが、そうは簡単にいきません。非常に職人色の強い部分で、ほんの少しずつ調合を変えて、現状の色に近い色を出していかなければいけません。なぜ、こうした工程が必要なのかといえば、自動車の塗装は常に紫外線にさらされています。風雨にも当たることになるため、本来の色とはだんだん変わってきます。白が白ではないということです。この劣化を読み取り、ほんの少しずつ調合を変えていかなければ、塗装したところが目立ってしまうことになるでしょう。メーカー指定の基本色に対して、どの色をどの程度混ぜるのかは、職人だからこそできることでしょう。

車を使っている環境や長さが違うため、同じ車種でも同じ色にはならないのですから、微妙のさじ加減がすべてを決めます。実際資料などもありますし、実例もありますが、結果として経験による配合がポイントになるでしょう。現車を見ながらでなければ、何も決めることができないからです。塗装次第で仕上がりが決まってくるのですから、自動車板金塗装としては腕の見せ所といえるでしょう。境目などはぼかしを入れてわからないようにします。



自動車板金塗装はスペシャリスト集団



自動車板金塗装というと、どうしても金属のイメージがあるでしょう。ですが、実は外装に関してのスペシャリストであり、電気パーツ以外は修理を行うことができるといっていいでしょう。傷をつけてしまったときなどは、板金ですべて直すといってもいいほどです。こうした修理工程になっている背景には、自動車板金塗装ということが、高い専門性に支えられているということが挙げられるでしょう。

実際に自動車整備工場では、板金塗装は一切行わないといって問題がありません。あまりに内容が異なる世界のため、専門工場と分担で作業をします。逆に言えば、自動車板金塗装では、これ以外の工程は行わないといってもいいでしょう。そこまで専門化させなければいけない分野でもあるといえます。状況によっては、板金と塗装の工程を別の人間でおこなっている工場もあり、それぞれの専門性を高めているといえるでしょう。

腕がはっきりと出てくるのが、自動車板金塗装です。大事な車をきれいに仕上げることを考えても、能力の高いところを見つけなければいけません。値段で決まることではなく、どれだけ経験を積んでいるかが重要となりますので、値段とともにしっかりと相談して進めることが重要です。

次の記事へ