<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

自動車のバンパーのへこみを上手に直す方法について


自動車のバンパーの役割について



自動車についているバンパーの役割についてご存知でしょうか。フロント、リアの前後についており、衝撃を抑える効果があり、車が何かに衝突した場合、あるいはされた場合にその衝撃を抑えて車体を保護する役割があります。また、車が何かに衝突した際、ドライバーや同乗者が受ける衝撃からも守ってくれます。もちろん、車体が人にぶつかった場合にも、その人への衝撃も和らげてくれます。

もともとスチール製、鉄製で表面をメッキ加工した物が主流で、重くて頑丈にできており、軽い衝突程度であれば、少しの傷だけで済み、変形することもほとんどありませんでした。また、ボディから簡単に着脱できて、板金修理ですぐに直すことができる物でした。その後、樹脂製が取り入れられ、金属製から樹脂製になったことで、ボディの軽量化にもなり、特にウレタン製は柔軟性があり、復元力も高かった為に人気が出ました。また、ボディと同じ色で塗装されるようになった為、車との一体感が出ましたが、ライト等も埋め込まれるようになったことで、衝撃を和らげるという本来の目的以外にも、デザイン性等も高めた物が登場してきました。現在の素材はPP(ポリプロピレン)が主流となっており、形成しやすいメリットがあります。

日本人の場合、バンパーの傷を気にする人が非常に多いとされています。海外ではクッションの役割なのだから傷が付いて当たり前という考えのもと、傷を気にせずそのままにしていることも多く見られますが、日本では小さい傷でも修理をする方が一般的です。交通事故やぶつけたりぶつけられたり、何らかの事情でへこみや傷が生じた場合、ご自身で修理できることもありますが、ひどい場合は専門業者に依頼することをお勧めします。



へこみを自分で直す方法とは



バンパーのへこみを直す方法ですが、一般的に軽い状態であれば、ご自身で直すことも可能です。基本的に衝撃に弱く、少しぶつけてもすぐにへこむ素材でできています。これは衝撃を吸収するようにできている為で、欠陥ではありません。車のボディとは異なり、柔軟で、変形がしやすい樹脂でできている為、熱を加えることで修復が可能なケースが多くあります。温めることで柔らかくなったところで、力を加えて変形させ、修理をするという方法です。

まずはへこんだ部分に泥や汚れが付いている場合は、水をかけたり濡れ雑巾等で拭き取り、周囲を綺麗にします。可能であればカバーを浮かせる程度に外します。この時、ピンを外すのですが、簡単に壊れる場合がありますので、十分に注意して作業を行う必要があります。バンパーのへこんだ部分に外側からドライヤーで、軍手で触ってみて温かいと感じる程度に温めます。家庭用ドライヤーを使用する場合、10~20分程度で温まりますが、温め過ぎるとかえって熱くなり過ぎて、溶けてしまうので注意が必要です。へこみが軽いものであれば、これだけで元に戻りますが、戻らなかった場合は、カバー部分から手を入れて、裏側から押して戻します。その後は自然冷却をして熱を冷ませば強度が戻ります。水をかけたりすると、逆に傷がついてしまうことがありますので厳禁となります。

このように、軽くへこんだ状態のものであれば、熱を加えることで修理することができます。しかしながら、大きくへこんでいたり、傷がある場合は素人では修復不可能なケースも多い為、専門の業者に依頼するようにしましょう。



安く早くきれいに仕上げるなら



バンパーの修理については、簡単なもの以外はやはり専門家であるプロに修理を依頼することをお勧めします。修理グッズで対応することもできますが、不慣れな方は上手にすることはかなり難しい場合も多く、失敗するケースも多々あります。素人にできる修理には限界がありますので、愛車を自身で直し思わぬ結果になってしまう可能性があることを考えると、やはりプロに任せるのが安心です。最近では安く直せる車の板金業者がありますので、調べてみると良いでしょう。

プロの業者に依頼する際、費用はもちろんのこと、引き取りや納車、料金体系や修理にかかる時間等を考慮して選ぶことが大切です。今では多くの業者がネット上で見積もりや問い合わせができるようになっていますので、いろいろと調べてみることをお勧めします。安くて早いけど仕上がりが悪かったり、あるいは後で色落ちしてしまったり、剥がれてしまってはお金を出してまで業者に依頼する意味がありません。そのため、期待通りの仕上がりを望むのであれば、安心して任せられる信頼できる専門業者に依頼するようにしましょう。

傷やへこみの状態によっては修理や全塗装、あるは交換しなければならない場合もあります。まずは専門業者に見てもらって、予算や希望の仕上がり状態等を相談しながら、最適な方法を提案してもらう必要があります。板金や塗装に関しては、業者の腕を見て決めるようにしましょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車