<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

自動車のバンパー切れや割れの修理を安く済ます方法


バンパーが切れたり割れた場合について



バンパーの役割とは、何かに衝突した際に、その衝撃からエンジンや車を保護したり、あるいはその衝撃を和らげてドライバーや同乗者も保護します。また、車が人にぶつかった場合には、その人が受ける衝撃を和らげる役割も果たしています。このように衝撃を吸収するという大切なパーツであるバンパーですが、最近はデザイン性も重視され、また、リサイクル可能な素材を使用している車もあり、ますます進化していくことが期待されています。樹脂製のバンパーは衝撃を吸収するようにできている為に、軽い衝突でもヒビや割れが生じてしまうことがあります。そのような場合、できるだけ綺麗に安く仕上げる方法はあるのでしょうか。

バンパーの素材は古くは耐久性があり、軽い衝突程度であれば傷が付くくらいで済むという頑丈な金属製でしたが、現在ではその衝撃吸収力、軽量であるというメリットを活かしたPPの樹脂製が主流になっています。

車を運転していると、一度や二度はどこかにこすったり、ぶつけてしまったりしてバンパーを傷つけてしまうことがあります。樹脂製であるバンパーは、衝突を緩和する役割を担っている為、性質上柔らかい部分でもありますので、気付かないうちにヒビや割れができていたというケースも珍しくありません。海外であれば、バンパーはクッションの代わりであり、傷がつくのは当たり前、全く気にしないという方もたくさんおられますが、日本人は車に傷やヒビがあるとどうしても人目を気にしてしまうので、このようなバンパー切れなどが起こった際には、修理をされる方がほとんどです。ご自身で修理できる場合もありますが、ひどい場合にはやはり板金業者に依頼することをお勧めします。



バンパー切れの修理方法について



車のバンパー切れについて、修理方法を説明します。まずは切れたり割れている場所にへこみを作り、樹脂系のボンドで固めてつなぎ合わせます。それだけでは強度が不足しますので、専用のパテでボンドを隠すように大きめにつけて強度を増します。場合によっては、溶接機を用いたり、ステンレスを利用したりします。その後、車にあった色で塗装工程を経て修理の完成となりますが、これらの作業には個人でするには高度な技術や機械が必要となり、また材料面でも素人には調達できない部分もありますので、やはりプロである板金業者に依頼されると良いでしょう。

もちろん、状態がひどい場合等は、交換した方が簡単で綺麗に元通りになることは間違いありませんが、やはり費用面でそうできない場合もあります。また、個人によっては元通りに綺麗にしなくても、ある程度強度が保てれば良い、見た目が少し不細工でも、予算内でできる範囲で良いという方もいますので、そこは板金業者と相談しながら修理されると良いでしょう。安かろう悪かろうでは費用を出してまで修理する意味が全くありませんので、安さも大切なポイントですが、そういった細かい希望に対してきちんと対応してもらえる、あるいは修理方法を提案してくれる板金業者を選択されることをお勧めします。

車に乗っていて、いつ何時大きな事故に遭遇するかわかりません。自身が悪くなくても相手のせいで巻き込まれる可能性もあります。バンパーは車の緩衝材となる大切なパーツですので、見た目の問題ではなく、割れてしまった場合には必ず補強や修理をしておきましょう。



自動車のプロに修理を依頼するなら



車のバンパー切れ等の修理をプロの専門業者に依頼される場合の選び方としては、まず複数の業者に相見積もりを依頼することが大切です。電話で問い合わせもいいですが、今ではインターネットから簡単にいつでも見積もりができる業者がたくさんあります。その中で、回答が早い、的確である等、感じが良さそうなところをピックアップして、個別にメール等でより詳しい内容について相談します。その際の見積もり明細がきちんと明記されているか、車種によって依頼後に追加で料金が発生することはないか、仕上がりの完成度など、修理前にしっかりと確認をするようにしておきましょう。業者によっては、修理可能な場合でも交換を提案する場合があります。他の業者と比較してどちらがいいのか判断するとよいでしょう。

安くて信頼できる業者が見つかれば、さらに割引があるかないかもチェックします。修理箇所が2箇所以上ある場合、割引料金にしてもらえるところもありますので、もしも修理したい箇所が複数ある場合等は、賢く利用すると良いでしょう。また、週末も営業しているかどうか、車の引き取りや納車は無料でしてもらえるかどうか、あるいは代車の用意はしてもらえるのか等、そういった細かい部分もきちんと確認をすることが大切です。技術と経験、信用のある板金業者を選ぶのは難しいかもしれませんが、口コミやその対応、雰囲気から判断して、失敗のない選択ができるように人任せにせず、ご自身でもいろいろと調べてみることをお勧めします。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車