車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 自動車の板金塗装を安く仕上げる方法

自動車の板金塗装を安く仕上げる方法

事故や故障などの影響ではなく、ちょっとした不注意でついてしまった自動車の傷やへこみを修理する際、「料金が高い」と思った経験がある方は少なくないようです。事実、自動車の板金塗装にかかる費用は非常に高額になってしまうことが多く、見た目が悪いことを気にはしていても中々板金塗装業者に修理を依頼できないという方は大勢います。しかし、どうすれば安く自動車の板金塗装を利用することが出来るのかを知っておけば、今よりもずっと気軽に利用することが出来ます。



料金を安く抑えるための重要なポイントは「比較」と「価格交渉」にあります。実は、自動車の板金塗装の料金の大部分は「材料費」が占めています。塗料をはじめとする様々な材料は、業者から仕入れるしかない為に費用面では一定のウェイトを占めることになります。そこに「技術料」が上乗せされることになるため、どうしても費用が高額になってしまう場合が多くなります。しかし、逆に考えるとこのどちらかを安く抑えることが出来れば全体の費用も安く収まるということになります。



ではまず、材料費についてです。材料費は問屋(主にメーカー)がいくらで売るのかが重要な要素であるため、購入側で操作できる割合は少なくなります。しかし、大量購入をするといった交渉をすることが出来ればコストを下げることは可能です。つまり、個人で行っているところよりも、全国チェーンの大型店などの方が低いコストで塗料などを購入している可能性が高いということになります。



次に技術料に関してですが、こちらはそのまま利益となる部分であるため各業者もしっかりとマージンを設定しています。しかし、技術料には明確な基準が無いため、さじ加減ひとつで高くも安くもなります。見積もりなどを比較すると技術料がどの程度発生しているのかが明確にわかりますので、出来るだけ低い割合の業者を選ぶようにすることがおすすめです。



上記2点を参考にして、それぞれを上手に組み合わせていくことが出来れば費用面での負担を大幅に下げることが出来ます。その際に特に有効な方法が、冒頭で紹介した「比較」と「価格交渉」と言うことになるわけです。まずはいくつかの業者で見積もりを取り、その中身を吟味して材料費の割合が安い業者をいくつかピックアップします。次に、それぞれの業者に対して技術料の部分での割引を交渉していくという方法が非常に効果的です。



技術料の部分は明確な基準が無いものであるため、交渉によって比較的簡単に割引してもらうことが出来ます。面倒くさがらずにそれらのポイントを実践していくことが出来れば、自然と金銭的負担は軽くなります。

次の記事へ