<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

自動車修理板金塗装の営業とプロ意識について

自動車修理板金塗装の本質はプロ意識を持った職人の集まりといえますが、単に作業自体を人の手で行うのみではありません。

自動車の車体がどんなシチュエーションで修理を受ける過程に至ったかを細かくチェックし、トータルケアに対応する最善の方法を視野に入れて対応する判断力が求められます。

これらの流れはコンピュータや数値で換算する方法だけではなく、並行して職人の経験や勘によって処遇内容の決定をしなければならないケースが多々あります。

自動車修理板金塗装の品にこだわって対応する場合に、コンピュータや機械対応の設備の有無でスキルを保有しているかどうかを判断してしまいがちですが、職人の技術があってこその周辺機器となる為、本質部分の評価を見誤ってしまうケースがあるのが現状です。

そして自動車修理板金塗装自体は板金修理をした上で塗装工程となる為、職人の成果物として対応した半分は塗装をほどこした完成品として、表からは受注した仕事の良し悪しは判断することが難しいといえます。

修理という過程を完遂させる為には当然周辺機器や設備が必要ではありますが、それを操作・活用するのは職人の手によりますが、良い業者と悪い業者を選定することはただ話をしただけではなかなか分かりにくいので、それについての考慮も必要となります。

修理を行う上で営業トークを用いるのは営利企業として当然のことですが、その工程や結果を説明するひとつの作業を取ってもお客様に対して分かりやすく、且つ論理的な論法による説明をすることが出来ているかだけでも、選定した業者の評価をすることができます。

例えば営業トークの目安として、自動車の状態について主観的な意見を述べた上で自動車修理板金塗装の過程と対応段階を明確に説明することが出来るかということが挙げられます。

説明する営業本人が理解しているのは当然ですが、何も専門知識を習得していない一般のお客様に対して分かるように説明すると言うのは、想像以上に難しいことです。

こちらの言わんとすることが正しく理解されなければ、わざわざ自分の愛車の修理を任せようとはなりません。

その為、実際の作業工程だけでなく相手にわかるように説明工程を提供することも必要不可欠なスキルといえます。

そういった内容で考えた場合、成果物としての実績を見ていけばするわかるのではないかとなりますが、なかなか一般者が目視を行ったところで対応内容とその結果を理解・看破することが出来ないのが現状です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車