<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

自動車板金塗装の基本的な修理の知識

車の修理の中でも重要の多い自動車板金塗装は、車体を修復する作業です。この修理内容は車体への板金修理があり、この作業に加えて塗装を行う事が主な内容となっています。そのため、車の車体のへこみや、塗装の剥がれがあるような場合には、この自動車板金塗装の修理を依頼する事で、これらの不具合を改善してもらう事ができます。



この自動車の板金に関連する作業は、車が突発的な衝撃を受けた際に必要になるもので、交通事故などを起こした際には、この自動車板金塗装が必要になるケースが多くなります。また、経年の劣化により、車両に支障を来たした場合もこの修理が必要で、自動車板金塗装では専用の機器を用いて、車体の様々な不具合を修正していきます。 現行車両の多くは、比較的耐久性の低いアルミなどの金属を多く車体に採用している事から、へこみなどの問題が発生しやすくなっています。このような車両の不具合を修理する際には、板金の技術が不可欠となり、塗装などの不具合の出ている箇所に修理を施す事で、素材の特徴を上手く活かした修正となる事が一般的です。そして、比較的大掛かりな修理では、車両のパネルを伸ばし、衝撃を与えて叩くことで、凹凸のある部位を改善していきます。



この板金という作業は、車両の外側の修正だけではなく、車両の内部を修正するものもあり、それぞれの不具合の出方により、修理方法が異なります。また、大きな衝撃を受けた車両の場合は、外側の部品を交換する作業も必要になることから、自動車板金塗装では、これらの交換修理も行われます。特に、この板金による作業は、車両の外側の修正や骨格となる内部の不具合の修正が多く、専用の機器を用いてフレーム部分を修正する作業が多くなります。そして、専用機器を用いて、事故による大きな衝撃が原因となった車両の歪みを修正していきます。また、この修理工程の中でも重要なものに、車両の外の板の取替えがあり、部品を交換するだけの作業ではなく、溶接などの特殊な加工を施したものなどがあります。この際には、修正箇所に適した調整をして、車両の走行や耐久性に不具合がないようにする事も重要である為に、個々の技術者には深い専門的な知識が求められます。このように自動車の修理の中でも板金塗装は、車両の外側の修理ではなく、車両の内部の骨格にまで及ぶ作業もあり、事故の衝突などで大きな衝撃を受け場合や、経年の劣化などでも必要になる作業です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車