車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 自動車板金塗装の直し方

自動車板金塗装の直し方



自動車の破損



普段慎重に運転していても、ふとした油断で事故を起こしてしまうことは珍しくありません。大きな事故でなくても、ボディに傷がついてしまったり、へこんだりしてしまうことは多く、塗装が剥がれてしまい、見た目が非常に悪くなってしまいます。走行には問題ないと、あまり気にせず放置した利、自分で塗装しなおすという方もいますが、塗装が剥がれた部位をそのままにしておくと、どんどん自動車の寿命が短くなっていきますし、自分で塗装するのも、必ずうまくいくとは限りません。

自動車の傷をそのままにしておくと、そこから少しずつボディが錆びていってしまいます。自動車に使われる塗料は単純に色を付けるだけでなく、金属を雨風から守るためのコーティングの役割を持ち、そのままにしておくと金属の地肌が雨で濡れて、そこからどんどん錆びていきます。錆びたボディは脆くなり、穴が開いたり、他の部位まで破損したりと、トラブルを起こす原因になってしまうので、そうなる前に早めに塗装しなおしておく必要があります。費用はそれなりにかかりますが、錆びたボディを修理するよりもはるかに安いので、早めに修理を依頼しましょう。



非常に大きな傷の場合は、業者に依頼するのも仕方が無いにしても、小さな傷なら自分で塗装すればよいという意見もありますが、素人の塗装は、見た目をごまかすことは出来ても、損傷自体を直せるわけではありません。一見すると塗装が削れただけでも、実際には様々なコーティングもまとめて剥がれているので、普通の塗料で剥がれた部分を塗りなおしても、そこから雨水などがしみこんで、錆びなどの原因になることが非常に多いです。一見するとただの塗装剥がれに見えても、もしものときに備えて、事故を起こしたときは自動車板金塗装を行う業者に見てもらうのをお勧めします。



修理はプロの手で



自動車事故を起こすと、ほとんどの場合ボディが傷ついたり、へこんだりといった被害が出ます。日本車はボディの前後をあえてへこみやすくすることで、衝撃を分散する仕組みになっているので、どうしても軽い事故でも大きな損傷を起こしてしまいます。

当然傷ついたボディをそのままにするわけにも行かないので、板金塗装を改めて行い、ボディを修理しなければなりませんが、修理は必ずプロの手で行ってもらいましょう。軽い傷なら自分でも修理できないことはありませんが、専門的な知識が無いなら、なおさら一度はプロの目で見てもらうべきです。



自動車の傷は一見すると大したことがなさそうでも、実際には大きな尊称だったり、修理に手間がかかることが多々あります。

例えば自動車の塗装は複数の塗料とコーティングが施されています。金属を隠す下地塗装やボディカラーの塗装、表面にツヤを出すためのクリアといった具合に、自動車によっても違いはありますが、他にも錆び防止のコーティングなどを行うなど、単純に色が同じ塗料で傷を隠しても、傷ついた部分は他の部分よりもはるかに脆くなっています。



ボディのへこみも自分で戻すのは非常に困難です。軽くへこんでいるならまだしも、大きくボディがへこんでしますと、電気系統のパーツも一緒に壊れてしまったり、エンジンの固定に影響したりと、そのまま運転するのは危険な状態になることもありえます。問題なく運転を続けるためには、プロの手でしっかり修理してもらう必要があるので、自動車板金塗装など、本格的な修理を請け負ってくれる業者の情報は、事故を起こす前からいくつか控えておきましょう。



なるべく安く直すには



自動車の修理は、利用する業者によって大きく費用が変わります。自動車事故を起こしたときは、大抵はボディが傷ついたりへこんだりするので、へこみを元に直したり、塗装しなおしたりと、様々な修理を行う必要がありますが、場所によっては中のパーツにまで異常が出ている場合もあるので、修理費は更に高くなる可能性があります。軽い傷なら自分で治せば安く済むという意見もありますが、素人が手をつけるとちゃんと修理することが出来ないことも多く、大きな故障につながりかねないので、なるべく安く直すにしても、板金や塗装はプロに任せたほうが良いでしょう。

なるべく安く自動車を修理するためには、自動車板金塗装を行う業者を必ず複数探すことが大切です。自動車の修理は多くの業者が行っていますが、料金相場は大きく異なり、自動車の種類によって料金を変えているところもあれば、ちょっとした傷なら非常に安く済ませてくれたりと、同じ傷でも修理費用は大きく変わることが多いです。そのため見積もりを一箇所で済ませてしまうと、安く修理が出来るチャンスを失いかねないので、必ず複数の業者に見積もりを依頼するようにしてください。



自動車の修理はなるべく安く済ませたいという方は多いでしょうが、やはり多少料金が高くなっても、技術や信頼性がある業者に依頼したほうが安心して修理を任せられます。極端に安い業者の中には、綺麗な仕上がりにならないところや、特に問題が無いのに新しいパーツを売るなど、修理以外のことでお金を取ろうとするところもあるといいます。そうした業者に引っかからないためにも、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

次の記事へ