車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 自損事故の修理に保険を使うべきか

自損事故の修理に保険を使うべきか



だれでも起こる可能性がある自損事故



交通事故を起こすということは、運転する人であれば常に考えていかなければならないことです。どんなに気をつけていても、運転する限り絶対に無縁ではありません。その交通事故のひとつとして、自損事故があります。相手がいない状態で起こされた事故であり、単独事故とも呼ばれているものです。この際に、自分の車や体に何かしら影響を負ってしまうことになるでしょう。

自損事故の場合、相手がいないところに特徴があります。ガードレールにぶつかってしまったり、車庫や電柱といった物にぶつかってしまったりすることも含まれるため、さまざまな状況が考えられる事故です。ここで問題があるのは、どんなものでも保険が使えるかどうかでしょう。自分の車にも損害が出ているため、保険を使いたいのが当然です。ところが、保険に含まれている対物賠償は、他人の所有物に対して損害を与えたときに適用される保険であるところが重要と言えるでしょう。つまり、自宅の駐車場でぶつけてしまったようなときには、対物賠償の適用外となってしまう可能性がある点を忘れてはいけません。

もうひとつの勘違いとして、対物賠償は他人の所有物に対して適用される保険であり、自分の車には使うことができないものだということです。この場合には、車両保険に加入していなければ保険で修理することはできません。車両保険は、自分自身の車に対して保証を受けられるといった内容になっています。いたずらなどでも対象になることから、かなり広範囲の原因に対応することができる保険です。盗難や火災、台風、洪水といったことでも車両に損害が出た時に使うことができるため、保険を組むときには十分に注意して加入を検討しておくといいでしょう。



保険を使って修理できるかどうか



車を修理する場合、自損事故の扱いになる事例はよく覚えておかなければいけません。車両保険に入っていても直すことができない事例もあるということです。内容を限定している場合には、ガードレールなどに衝突してしまったようなときでは、修理ができなくなることが出てきます。車両以外ということになりますので、保険を契約する際には十分に内容の確認をしなければいけません。縁石に乗り上げてしまい、タイヤをパンクさせたというようなときも対象にはならないことがあります。例外的な部分であり、タイヤだけの損傷では使えないことも確認しておくべきでしょう。

車両保険といっても、無敵なものではありません。どんな修理でも1円も掛けることなく完了できるほど万能とは限らないということです。車両保険には、免責金額いう金額が設定されています。例えば、免責5万円となっていた場合には、10万円の修理費がかかるとしても5万円は自分で支払わなければいけません。こうした金額の設定を免責と呼んでいますが、一定の等級以上が対象になったり、複数回使うと上がるような仕組みになっています。

中には免責ゼロといった保険もありますが、特約になっていることがほとんどのため、保険の内容をよく確認する必要があるでしょう。うっかり事故を起こしてしまっても、保険で直すことができないような事態も出てくるからです。



何でも保険を使えばいいというわけではない



自損事故の場合、保険を使って修理をするかどうかを考えていかなければいけません。どんな修理でも保険を使えばいいというわけではないからです。事故を起こした場合、修理に保険を使うと、基本として3等級下がってしまうことになります。等級が上がると保険の割引率が高くなり、支払う金額が少なくなるのが特徴です。1年間無事故でいると等級を1段階上げることができるため、自損事故で保険を使うと3年間無事故でいないと元の割引率にできないということになるでしょう。

さらに、同じ等級でも事故あり等級と事故なしに分けられるため、事故なしのほうが安いということになることに注意が必要です。ここで重要なことは、保険を使うと翌年から保険料が上昇するということになる点でしょう。かなりの差がつく場合もあるため、数万円であれば免責の分も含めて保険を使うべきではないと考える方も多くいます。1年だけであればまだしも、3年間も上昇することだけではなく、この間も自損事故を含めて起こす可能性も無いとは言えません。そうなると、軽微な修理では使う意味がなくなってしまいます。キズやヘコミ程度であれば、自分で負担して保険外で修理するほうが無難ということです。

車の修理業者は多く存在し、中には格安で修理できる業者もあります。キズやヘコミなど、金額を均一して修理してくれるところもありますので、そういったところを利用するとあとあと見積もりの時と実際かかった総額が違うなどのトラブルを防ぐことができるでしょう。また、見積もりをするためにキズが入った車をあちこち走らせるのは、なかなか抵抗があるものです。そのため、ネット上で無料で見積もりができる業者がおすすめです。パソコンや携帯から、車の状態の写真を送るだけですぐに見積金額を返信してくれる業者もありますので、そのような修理会社は利用価値が高いと言えます。このように、保険を使うだけが選択肢ではありませんので、しっかりと比較しながら対応を考えていくことが重要です。

次の記事へ