車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車に傷がついてしまった時の対応法と板金塗装業者の選び方

車に傷がついてしまった時の対応法と板金塗装業者の選び方


車が傷ついてしまったら



車というのは決して安い買い物ではありません。とても高額なもののため、特に男性は自分の車を手に入れることへの憧れがある方も多いのではないでしょうか。自分の欲しい車種を購入するために貯金をして手に入れるという人も多くいます。車を手に入れてからも、どれだけ好きで憧れていたものであっても眺めているだけではもったいないでしょう。やはり、運転してこそその良さがわかるものですから日常的に近距離での運転をしたり、遠出をしたりと活用をしたいものです。

ドライブをしていれば、どれだけ慎重に運転をしていても死角に物がありぶつけてしまうこともありますし、擦ってしまったりすることもあります。また、自分がどれだけ注意をしていても相手から傷をつけられてしまうこともありますし、自然災害によって傷がついてしまうこともあります。擦ってしまったりへこんでしまったりしたからといって、せっかく買った車を新しくすることはもったいないです。傷やヘコみがあるだけならきちんと走るのですから、損傷部分だけ修復をして乗ることを続ければ良いのです。ディーラーで修理をすることも可能ですが、割高であるために最近では地元にある板金塗装業者で修理をしてもらうというケースも多いです。

板金塗装業者というのは車の整備をしたり、剥げてしまった塗装やへこんでしまった部分を修復してくれたりする業者です。ディーラーに依頼をするよりもリーズナブルな修理ができたり、パーツについても中古品を使用してくれたりするところも多いですし、すぐに対応してもらえたり場合によっては引き取りに来てくれたりするサービスを行っているというところもあります。様々な業者がありますから、依頼をするにあたっては事前にしっかりと工場を選ぶことが重要でもあります。



車の板金塗装とは



板金塗装というのは、事故や擦った際にできた外傷に板金と塗装という二つの作業をして修復をしていく工事のことです。板金というのはへこんでいたり元の形状と違うものになってしまったりしているものを、元の状態に戻す作業のことを指します。へこんでいる部分については調整をして元の形状に戻したり、パテで形を整えたりします。

塗装というのは、板金作業をした部分の仕上げのために色を塗ったり、傷がついて色が剥げていたりする部分に対して色をつけていく作業です。ただペンキを塗れば良いのではありません。車というのは乗っている間に日焼けをしますし経年変化をしますので、当初の塗装とは違った色になってしまいます。そのため、元の色をそのまま塗装してしまうと修正をした部分だけ色が変わってしまい目立ってしまいます。そこで、今の色味を確認して元の色に他の色を足して同じ色を作ることがとても難しく、ここでもプロの熟練した技が求められます。

また、へこんでいたり擦っていたりしたままでは塗装をしても正しい色がつきません。そこでヤスリで磨き上げて下処理をして、下塗りをした上で適切な色を塗装していくという作業も必要です。しっかりと乾燥をさせてさらに最後に上塗りまでをしていくため、作業は細かくそれぞれの工程で丁寧な作業が求められます。



車の業者選びの難しさ



板金塗装というのは誰に頼んでも良いものではありません。技術が必要なものですし、仕上がってくるまでそのでき上がりが確認できませんから、安心して任せることができる業者を選ぶことが重要となります。でき上がってきたものを見て不満が出てしまっても再塗装をしてもらう必要が出てきてしまいますし、場合によっては元に戻せないこともあります。そのため、しっかりと慎重に依頼先を選ぶことが重要となります。

依頼先を見つけるにあたっては、まずは口コミや実際に板金塗装をした人からおすすめの業者を教えてもらうのが良いでしょう。実際に作業を依頼した人であれば、その作業内容に対しての確認ができますから、それに満足できていれば安心して依頼をすることができます。また、他にも車のディーラーや営業をしている人であれば業者についての知識もありますし取引先もありますので、技術力の高い板金塗装業者を紹介してもらうことも可能です。ホームページに丁寧な作業工程を記載している業者や、細かな価格設定や作業工程の案内といったことを記載している業者も信頼できる業者です。作業がきちんと行われているからこそ、こういった工程の写真が掲載できますし、経営体制、料金体系といったことを紹介することができるのです。

お得に修理をしてもらいたいと考えている方は、キャンペーンを利用して修理してもらうのも良いでしょう。キャンペーン内容は時期によっても変わってきますから、業者のサイトをチェックしてみてください。また、今の傷の状態をホームページ上からメールで写真を送ると無料で見積もりをしてくれるような業者もあります。そのような業者を利用すると、あとあと料金のことでトラブルになることも避けられますし、気軽に相談もできるのでおすすめです。

次の記事へ