車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車に出来た擦り傷は適切な対処が大切

車に出来た擦り傷は適切な対処が大切


対処方法は?



車を運転している際などに、ついつい擦り傷などが出来てしまう経験をしたことがある方もいるかもしれません。この擦り傷を放置してしまった結果、剥げた塗装の部分からサビが発生してしまい、一部だけ損傷が酷くなってしまう場合があります。何より、見た目に恥ずかしく、道行く人から「車を擦ったんだ」と視線を浴びてしまうかもしれません。そうならないためにも、擦り傷が出来たら、次のようにして対処してみてください。

まずは、プロに依頼をして修理してもらうという方法です。車の傷の修理を積極的に行ってくれる業者は数多くありますので、家から近い業者を選ぶのも良し、価格が出来るだけ安い業者を選ぶも良し、とにかくプロに依頼をして、確実に傷を治してもらうのがこちらの方法です。

次に、自分で修理をするという方法です。セルフ修理とも言いますが、セルフで対処をするのはお手軽ではあるものの、素人が手を出すと、デメリットも多いため、あまりおすすめは出来ません。余程技術がない限りは、やめておいた方が良いかもしれません。

このように、プロに依頼をするか、自分で修理をするのか、二つの方法が挙げられますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、よく考えて、どちらの方法で直すのかを決めるべきでしょう。



セルフ対処の危険性



車の擦り傷は意外と簡単についてしまいますが、一度ついてしまったら最後、何かケアをしないと、そう簡単には消えません。運が良ければ、傷ではなくただの汚れで、こすったら落ちたという方もいますが、残念ながらほとんどの場合は擦り傷として残ってしまうので、現実を見て、早めに傷を直すことを考えましょう。このとき、セルフケアをする際は、十分注意が必要ですので、自分で行う前によく考えてから行動することが大切です。

擦り傷の特徴として、白っぽい傷が挙げられますが、こちらの傷は、あまり大したことがないように見えて、車に絶大なダメージを与えており、ヤスリでちょっとやそっと擦ったくらいでは落とせません。逆に、自分自身で、業者の手に負えないほどに車を傷つけてしまう場合もあります。多少大げさな表現ではありますが、万が一失敗してしまった場合は、そのようなリスクもあるということを忘れてはいけません。

また、セルフケアの場合、何となく見た目は綺麗に直せたという場合も、時間とともに劣化し、より酷い状態になってしまう恐れがあります。素人判断で、「見た目がどうにかなっていれば大丈夫」と判断してしまい、本体のダメージを完全に修復出来ておらず、雨風などを浴び続けた結果、傷ついた部分が大幅に劣化してしまい、大変な目にあうという場合も少なくありません。そうなってしまってはどうしようもありませんので、セルフケアは避けた方が良いでしょう。



お店へ依頼するメリット



運転中に擦ってしまった、停車中に誰かに擦り傷をつけられたなど、車に傷がついてしまった場合、出来るだけ早くなんとかしたいと思いますが、自力で直すとなると問題が生じる可能性が高く、下手をすると余計に酷くなってしまったという場合も少なくありません。そうなってしまっては困りますので、最初からプロの手に任せておくのが賢明でしょう。

プロの手に任せるメリットはまず、確実に、綺麗に修理をしてくれることが挙げられます。自分でやると、しっかり直せる確証がないまま作業をしないといけませんし、何より、やり方も手探りで、重要な手順を飛ばしてしまうことも考えられます。自分で傷を直そうとした結果、余計に傷がついたり、表面上は綺麗になったと見せかけてまだしっかり直っておらず、時間とともに再び傷が露呈する、というように結果にならない為にも、プロの手に任せておいた方が賢明です。

次に、結果として費用が安く済ませられることです。自分で擦り傷を綺麗に直そうとするとそれなりに時間も、さまざまな道具を用意するお金もかかってしまいます。最初からプロに依頼をしてしまう方が、コスト面はもちろん、道具を保管しておく余計なスペースを作らなくて済むようになります。このように、プロの手で修理してもらうことには様々なメリットがあるので、擦り傷の対処に悩んでいるという方は、セルフも一つの方法ではありますが、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか?

次の記事へ