<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車のドアなどを板金塗装してほしいと考えている方へ



自動車の板金塗装を依頼するために業者をお探しの方へ



車のバンパーやフェンダー、ボンネット、ドアに傷がついたり、へこんだりして、板金塗装を行ってくれる業者を探しているという方もいるのではないでしょうか。中でも、修理にかかる費用をなるべく低く抑えたいものの、へこんだままの状態をどうにかしたいという場合には、安価な料金設定をしている業者を重点的にチェックすると良いでしょう。例えば、塗装をする際に使用する材料や道具にも工夫を凝らし、激安価格にチャレンジしているところもあるので、チェックしてみることをおすすめします。

また、負担することになる費用を少しでも低く抑えるためには、板金塗装の作業にかかる料金の他に、引き取りや納車のための料金にも気を配りたいところです。業者の中には、特定の地域で、一定金額以上の料金がかかる修理を依頼した顧客を対象として、引き取りや納車にかかる料金を無料にしているところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。また、引き取り、納車の時間についても、フレキシブルに対応してくれる業者は、さらに幅広いシーンで活用することができます。

ところで、実際のところ、板金塗装の作業には、それほど高い原価がかかっているという訳ではありません。ただ、入庫数が少ないことから、単価を引き上げないと修理工場の運営に支障が出るというのが実情です。とは言うものの、反対に考えれば、運営する側の努力次第で、入庫数を増やして、単価を引き下げることも可能になります。そのようなポイントに着目し、入庫台数を増やすための対策を講じ、その結果として、業界内の常識を覆すリーズナブルな料金設定を実現している業者もあるので、チェックしてみることをおすすめします。



利用する業者を選ぶにあたってのチェックポイント



この先、車のドアなどの傷・へこみを板金塗装してくれる業者を探すにあたっては、設定されている作業料金もチェックポイントになります。例えば、営業時間を長くしたり、車の引き取り・納車にかかる料金を無料にしたりするなど、入庫数を増やすための工夫を凝らすことで、料金の低減を実現し、消費者に還元している業者は、利用価値が高いと言えます。

自動車を使用する以上、車体を壁にこすったり、ぶつけたり、交通事故によって傷つけてしまったりするリスクがあります。そのような状態のままでは、外見的な印象も悪くなるので、可能であれば、傷やへこみのない元のコンディションに戻したいところです。軽度の傷であれば、カー用品店などで購入した修理道具を利用して、使用者が自ら修復することも可能です。しかしながら、大きな傷がついたり、へこんだりした場合、個人で修理することが難しくなります。そのような問題を解決するためには、板金塗装を専門的に行う業者を利用するのが一般的です。こちらの方法を実践することで、素人が修理を行うよりも、作業にかかる時間が少なくて済み、仕上がりのコンディションが良くなるというメリットがあります。



板金・塗装のそれぞれの工程に関する情報



一般的に、事故などによって、自動車のドアなどに傷がついたり、塗装がはがれてしまったりした場合には、板金塗装の作業によって修復が行われることとなります。その内、板金は、へこんだり、変形したりした箇所を原状回復するための工程です。作業の方法には、ハンマーでたたいたり、パテで形状を整えたり、溶接機やはんだを使用したりするなど、さまざまなバリエーションがあります。そして、へこみや傷を修復するためにヤスリなどで削った後、車のボディーカラーに合った色を塗る作業が、塗装になります。へこみや傷がきれいに修復されていない状態で塗装を行うと、仕上がりのコンディションが悪くなってしまうので、注意する必要があります。

板金塗装のうち、修復する箇所を磨き上げ、パテなどで下地処理を施してから、下塗り・本塗り・クリアという流れで仕上げるのが塗装の工程です。こちらの作業を行うにあたっては、色合わせの難しさという問題があります。

純正ボディーカラーは、各自動車メーカーから番号と見本が指定されており、車種によって、基本の塗料を混ぜ合わせる割合の記載された資料があります。塗装の際には、こちらの資料の記載内容を元に色をつくることとなりますが、マニュアル通りに配合したカラーでも、損傷のない箇所の色と同じになることはほとんどありません。こうした問題が起こる原因に、日焼けなどによる経年劣化で、ボディーカラーが変化していることがあります。

そのようにして発生する色合わせの問題を解決するには、業者による調整の必要性が生じてきます。こちらの作業には、経験とスキルが必要となります。これから利用する業者を探すにあたっては、そのあたりの事情を踏まえて、熟練したスタッフが在籍しているところ、仕上がりの状態が分かるように施工事例が掲載されているところを利用するのがおすすめの方法です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車