<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車のドアのへこみを修理してもらう際のポイントについて

車のドアにへこみが生じた


車のドアにへこみが生じてしまうことがあり、これはさまざまな原因によってできてしまいます。中には気がついたらへこんでいたというように原因が分からないというケースもあります。しかし、何かをぶつけてしまい、その衝撃によってドアがへこんでしまったというように原因がはっきりとしていることもあります。例えばどこかにぶつかってしまったケースや、ゴルフバッグのような重たいものを車に積もうとしたときに誤ってドアにぶつけてしまったというケースです。
へこみやすさについてはどのような素材を用いてるのか、その素材の厚さによっても違いがあります。そのためメーカーや車種によっては全然へこまない場合もあれば、簡単にへこんでしまう場合もあるのです。基本的にへこんでいた程度では車検に通らないということはないでしょう。問題なくそのまま運転できるケースが多いです。そのため、中にはきちんと修理をしないという人もいます。しかし、へこんだ状態のままでは見た目が良くないです。もし買取に出そうと考えているならば、しっかりと修理をしておいた方が見栄えが良くなります。その車に愛情を持っているならば、きちんとへこみを修理する人の方が多いでしょう。特に日本人というのは車をキレイにしておきたいという方が多いです。そのためちょっとしたへこみであってもすぐに修理をするというケースが少なくありません。
ただし、ちょっとしたへこみであっても、放置しておいたことによってトラブルが生じる可能性もあります。そのためきちんと対処しておくべきです。ボディの耐久性が低くなり、錆びやすくなるかもしれません。修理をするためにはいろいろな方法があります。しっかりと対処しておくことが大切です。

自分で修理をする


車のドアのへこみについては、自分で応急処置をするという方法があります。これでもしっかりと直せてしまうケースもあります。たとえば熱湯をかけることによって直すという方法があります。やり方はとても簡単であり、へこんでいる部分に熱湯をかけます。そして裏側から押し出すのです。これはシンクに熱湯を流したらへこんでしまうのと同じ原理です。熱膨張が起きることによって、へこみを元に戻そうとする力が加わるのです。ただし、こちらの方法で失敗してしまうケースもあるため、自己責任でやりましょう。
同じ原理でドライヤーを用いるという方法もあります。ドライヤーというのはかなりの熱を発することができます。これを使うのです。この場合はドライヤーと冷却スプレーを用います。温めてから冷やすだけであるため、簡単にできて、しかも見た目は割りとキレイにできてしまうのです。万が一の際には応急処置として試してみると良いでしょう。
ただし、これらの方法はあまりへこんでいないときには有効ですが、かなり大きくへこんでいる場合には効果がないことが多いです。むしろ逆に被害を増やしてしまう可能性もあります。また、へこんでからすぐにやるのであれば効果を期待できるのですが、数年経過しているような状況では効果がないこともあります。さらに、余計に変な形にへこんでしまうこともあります。
あくまでも応急処置として上記の方法を試しましょう。本格的に修理をしたいならば、やはり業者を頼る方法が一番良いでしょう。そうすれば、ドアをしっかりとキレイな状態にしてくれます。

業者に修理してもらう


ドアにへこみができてしまったならば業者を利用しましょう。どのくらいの料金がかかるのかは見積もりを出してもらうことによって分かります。どの程度へこんでいるのかによって料金は変わってきます。写真を撮影してメールで簡易的に見積もりをしてもらえるようなサービスもあります。業者を選ぶ際には料金を基準にすると良いでしょう。できるだけ安く修理をしてくれる業者を選んだ方がお得です。24時間インターネット上で見積もりを受け付けている業者があります。そのような業者であれば、とても簡単に料金が分かります。
ディーラーに頼むよりも板金工場に直接頼む方が安くなることが多いです。結局、ディーラーに頼んだとしても、そのディーラーは外注することが多いからです。これでは余計な費用が発生してしまいます。自分で直接板金工場にお願いすることによって、費用を抑えることができます。そして、インターネットを活用することによって、業者の情報をいろいろと集めることができます。見積もりの内容や口コミ評価などを参考にして選ぶと良いでしょう。
修理に関しては保険が適用されます。しかし、たとえ保険がおりたとしても、それによって等級が下がってしまいます。それでは保険料が高くなってしまいます。小さな傷やへこみであれば自費で直してもらう方がお得になるというケースもあるのです。どちらの方が良いのかしっかりと考えておくことも考えておくと良いです。
自力で直すのはリスクがあります。そのため、業者に任せておいた方がキレイに仕上げてくれます。細かい傷程度なら、キレイに仕上げてくれるでしょう。まるで新品のときのような状態を取り戻すことも可能です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車