車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車のバンパーなどの修理を依頼したいとお考えなら

車のバンパーなどの修理を依頼したいとお考えなら


車の板金塗装を行う業者のおすすめ情報



皆さんの中には、車のバンパーやフェンダー、ボンネット、ドアなどに傷がついてしまい、どのように対処すれば良いのか分からなくて困っている方がいらっしゃるかも知れません。そのような問題を解決するためには、傷の大きさにかかわらず、リーズナブルな料金で板金塗装の作業を請け負ってくれる業者が存在するので、探してチェックしてみることをおすすめします。中でも、車の引き取りや納車を無料で行っている業者は、コスト面のメリットが多くなります。また、早朝や深夜などの引き取りや納車をしてほしいという依頼にも、可能な限り対応してくれる業者は、さらに便利に使用することが可能です。このサービスは対象地域や修理料金によっては対象外となる場合がありますので事前によく確認することが大切です。

同じように車の板金塗装を依頼するのであれば、少しでも安い料金で作業を請け負ってくれる修理業者を利用したいというのが人情というものでしょう。そのような願いを叶えるためには、基本的な料金設定はもちろんのこと、割増料金の有無などにも気を配ることが大切です。例えば、外車・国産車・軽自動車・大型車などの車種、ソリッド・メタリック・パールコートのような車のカラー、ドア・フロントフェンダー・トランク・ボンネット・リアフェンダー・リアゲートなどの損傷箇所による割増料金の請求が一切ないところは、利用価値が高くなります。また、修理箇所が一定の範囲を超える場合に、割引料金が適用される業者もおすすめです。



負担するコストを節約するためには



これまでに、車のバンパーなどの修理を依頼した際、業者から思いのほか高額な見積料金を提示されて、驚いた経験はありませんか?実際のところ、板金塗装の作業には、それほど高い原価がかかる訳ではないものの、入庫件数が少ないために、1件あたりの作業料金を高く設定しなければならない状況になっていることも少なくないでしょう。修理工場を運営する立場の人間にとって、地代や作業員の給料、材料費といった諸々の経費を負担することを考えると、死活問題と言えます。

とは言うものの、そのような状況の中でも、入庫数を増やして、工賃の低価格化を実現し、消費者に還元している業者は存在するので、チェックしてみることをおすすめします。例えば、土曜や日曜、祝祭日も休まずに営業しているほか、車の引き取りや納車、入庫中の代車の手配を無料で行い、顧客の便宜を図っている業者も見受けられます。

また、業者へ作業を依頼するにあたっては、事前に見積もりを取り、提示された金額などをチェックしておくことも大切です。とは言うものの、見積もりを依頼したいという思いはあっても、傷の写真を撮影したり、名前や住所、電話番号などの個人情報を提供したりすることに抵抗を感じて、実際のアクションを起こせないでいる人も見受けられます。そのような問題を解決するためには、ネットでの見積もりの依頼で、修理場所の写真やプライバシーデータの送信が不要な業者も存在するので、チェックしてみると良いでしょう。



節約効果を高め快適なカーライフを送る方法



車を使用する上で、コスト面のメリットを得るために、燃費をよくしたいと考える人は多く存在します。そのような願いを叶えるためには、アルミホイールの使用によるタイヤの軽量化を行うことも有効な選択肢となります。鉄でできたノーマルホイールをアルミホイールに交換すれば、かなりの軽量化を実現することが可能です。エンジンの動力は、最終的には地面へと伝わりますが、その前にタイヤを回転させることとなります。また、ブレーキは、タイヤの回転を止めるための機能を果たします。したがって、タイヤを軽量化すれば、加速や減速の際に生じるエネルギーのロスが少なくなり、加速・減速性能が向上し、結果的に燃費の向上へとつながります。

また、車のバンパーなどの修理を業者へ依頼するに際しては、「リサイクルパーツ」の利用も検討してみることをおすすめします。リサイクルパーツは、一般に「中古パーツ」と呼ばれる「リユースパーツ」と、再生部品である「リビルドパーツ」の2種類に分けられます。その内、リユースパーツは、廃車として処理される車から再利用の可能なパーツを取り外し、品質のチェック、クリーンアップを行ったうえで販売されているものです。また、リビルドパーツは、廃車からパーツを取り外し、摩耗、劣化している部品を交換し、再び組み立てたものになります。リユースパーツと比較して、リビルドパーツは、再販売までの作業に割高なコストが掛かる分だけ、販売価格も高く設定されています。

リサイクルパーツは、その名の通りに資源のリサイクルを行うことで、地球環境の保護に役立つ商品と言うことができます。また、新品のパーツと比較して、リーズナブルな料金で販売されていることから、コスト面のメリットもあります。

次の記事へ