車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車のバンパーに付く傷の修理と費用

車のバンパーに付く傷の修理と費用

車は人を乗せる乗り物なので、色々な目的によって、様々な場所を走ります。

舗装された路面であっても、車で石を踏みつければ、それが車体に当たって傷が残ります。

バンパーは特に傷つきやすく、本来は車体を守る役割がありますが、ひび割れや外観の印象を著しく悪化させるなら、専門業者に修理を行います。

修理費用は、請負う業者やバンパーの傷の状態によります。



小さなバンパーならば、大掛かりな作業は不要ですから、修理に必要な時間や費用は少なくなります。

バンパーを掠った程度なら、修理の中では簡単な作業で済みますし、業者にとっては良くある扱いの事例です。

直す場合に手間がありませんから、費用を安く抑えられます。

直し易い材質である事もポイントで、簡単な手作業で済むと作業が楽です。



樹脂でできたバンパーは、金属ほどの耐久性はありませんが、変形を起こしにくい特徴があります。

変形するまで力が加わると、ヒビが発生したり、耐え切れず破断する状態になります。

車に使われるパーツですから、耐久性は考慮されて作られるので、強化プラスチックが採用されます。

ガラス繊維を含んだバンパーは、剛性が高まり衝撃に強く、ダメージを受けても影響を受けるのは表面だけです。



割れてしまった場合は、補修作業が必要ですが、業者は材質を見極めて作業を行い、最善の方法で修繕を行います。

一般的に、表面の見た目だけのダメージなら、簡単な作業で改善は可能です。

内部にダメージの影響が残り、本来の性能が失われていれば、補強を行ったり大掛かりな作業が必要です。

車種によって金額は異なりますが、擦った程度なら、低価格で直せる可能性はあります。



塗装された物は、未塗装に比べて手間がかかり、作業工程の増加で価格は上昇します。

元の色に合わせて色合わせを行い、目立たない段階まで補修するので、むき出しのプラスチックのダメージとは違い、地道な作業が求められます。

損傷した面積が広い事も、価格を押し上げる理由になります。

一台にかかる作業時間が増加すると、一日に対応できる数が減少しますし、単価を低く抑えると経営が成立しなくなります。



作業に必要な時間で金額が変化するのは、業者にとっての死活問題に係わります。

効率の良い作業を研究したり、手間を減らして時間短縮が行われ、依頼主の負担軽減に向けた努力が行われます。

短時間の作業完了を目指すのは、顧客と業者のどちらにもメリットが生まれるからです。

次の記事へ