車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車の修理をなるべくしないための節約術

車の修理をなるべくしないための節約術


オイル交換の時期について知っておこう



車が故障をせずに済むためには安全な運転が必須となりますが、安全運転をしていても故障をしてしまうことがあります。故障をしてしまうと修理をしなければなりませんが、故障の度合いによってはまとまった金額が必要になることもあります。実際はそう頻繁に故障をするということはありませんが、ある程度の知識を知っていないと、新車の場合でも故障につながってしまうことがあります。大切なポイントはいくつか存在していますが、その中でも今回は大切と言われているオイル交換についての説明をしていきます。

車に使用されているオイルは色々ありますが、その中でもエンジンオイルは定期的に交換することが必要となります。特にたくさんの距離を短期間で走る人は、早い頻度で交換をしなければなりません。目安としては一般的に5000キロに一回の交換が必要だと言われています。しかし、所有している車によっては、4から5リットル必要になるものもあれば、2から3リットルほどと少ないものも存在しています。特に少ない量のオイルしか入らないタイプは、オイルの負担も大きくなってしまうので、早い段階で交換をしないといけません。5000キロに一回というのはあくまでも目安になるので、心配な場合はメーカーなどに確認をして適切な時期に交換をするようにしましょう。

では、実際に交換をしないとどうなるのでしょうか。エンジンオイルというのは、そもそもエンジン内を循環してエンジンの回転をスムーズにさせるために働きます。そのため、交換をしないことによって、オイルが劣化し、金属摩擦粉や燃焼によるスス、水分等の汚れを含んでしまいます。これらを含んだオイルをそのまま使用し続けることによって、固形状や泥状のスラッジ等を発生させます。さらに放置することにより、ドロドロになってしまうので、循環不良を伴い、エンジンの焼き付けを起こしてしまいます。また、エンジンオイルが劣化することによって、火災などが発生するとも言われています。火災が発生してしまうと、特に走行中なら命に関わることとなってしまうので、定期的なオイル交換が必要になります。

定期的に交換することでどのようなメリットがあるかというと、交換をすることでエンジン音が静かになるということ、パワーが上がるということなどがあげられます。また、交換することによって、エンジンがスムーズに回転してくれるので、燃費の向上やエコなどにもつながるなど、メリットが多く存在しています。このように、エンジンオイルの交換について紹介をしましたが、大切な部分となっているので、走行距離などを見ながら定期的に交換を実施するようにしましょう。



タイミングベルトの重要性



タイミングベルトはエンジン構成部品の一つとなっていますが、車を走行させるにあたって、タイミングベルトについての知識も身に着けておいた方がいいと言われています。安全のためにも、今回はタイミングベルトについての説明をしていきます。

まず、そもそも交換の必要性はあるのかと思っている人もいるかと思いますが、タイミングベルトというのはゴムでできているため、他の部分に比べてもひび割れや伸び等が発生してしまいます。特に熱や水によって劣化が進んでしまうので、車庫などに入れて保管をしていないという人は早く劣化する可能性が高くなります。では、実際に交換を怠るとどうなるのかということですが、簡単に説明をすると、放置をしておくことによってベルトが切れてしまいます。切れてしまうとエンジンが不調になったり、エンジンが止まってしまうトラブルが発生してしまいます。エンジンが止まってしまうと、特に高速道路などでは事故につながりやすくなってしまうので、定期的に交換をすることが大切になります。また、交換を怠ると最悪の場合は、エンジンを分解する作業などが必要になることもあるため、そうなると大きな出費となってしまう場合もあります。後悔をしないためにも早めの交換が必要になります。



車の修理をする際には



車には様々な部品が使われていますし、不注意によって事故を引き起こしてしまい、修理が必要になることもあります。修理が必要になった場合には、業者に依頼する人が多いかと思いますが、業者と言っても全国にたくさん存在しているので選ぶ際に悩むこともあるのではないでしょうか。今回は、修理をする際の業者の選び方についてを紹介します。

修理は車の見た目や性能などにかかわってくるため、非常に重要です。業者を選ぶ基準は修理の内容によっても異なりますが、例えばキズやヘコミなどで悩んでいる場合には、板金塗装を専門的に行っているところに依頼をした方が安く早い修理をしてくれる可能性が高いです。また、板金塗装業者ではキズやヘコミ以外の修理にも対応してくれるので、できる限り安く修理をしたいと思っている人などは、板金塗装を専門的に行っている業者に依頼をするといいかもしれません。

次の記事へ