車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車の修理費用は、業者によって全然変わる

車の修理費用は、業者によって全然変わる



車に傷がついたときのお金はいくら必要なの



車を事故でちょっと傷つけたりしたことがありませんか。同じ事故でも傷をつけた場所によっても費用は変わりますし、傷の大きさでも費用は変わってきます。補修をする場合でも、部位ごとで全くかかるお金が違ってきますので、その部位ごとにどのくらいのお金が必要となるのかが違ってきます。

バンパー損傷によって、発生する補修費用もどのような補修をするかで変わってきます。バンパーの簡易補修であれば、1万円から3万円程度で済みます。簡易補修というのは、ちょっとしたキズやヘコミを補修するもので、5cm程度のキズであれば、この料金で補修が可能です。キズとして、そこまで目立たない程度のものとなります。そう考えると1万円から3万円というのが、ちょっと高いようには思えます。バンパーの部分板金となりますと、広い範囲でキズがついて板金補修をしなければ治らないような物で、2.5万円から4万円程度かかると言われています。簡易補修に比べると板金補修をしなければいけないので若干高めになります。



バンパー全体にキズが入っていたりして全体を塗装しなければいけないような場合は、全塗装となりますので、費用としては3万円から5万円程度します。バンパー自体が折れたりして、完全に交換しなければいけなくなった場合は、どう考えてもバンパーの交換となりますので、4万円から7万円程度かかります。交換するバンパーが塗装済なのか、そうでないのかでも変わってきます。メーカーの塗装済みの方が未塗装より安く済みます。

未塗装の場合は、バンパー代とは別に塗装しなければいけないので、技術料が若干高くなります。できれば塗装済のものが用意できれば、そちらで修理をしたほうが安く済みます。グリルの部分ですと全交換となります。その場合の費用としては、1万円から3万円となります。ヘッドライトやウインカー部分の破損による交換はヘッドライトの形状によっても料金が変わってきます。ディスチャージャーヘッドライトの場合は普通のライトより高額になります。通常1万円から5万円程度の代金としてかかります。ボンネットの修理をする場合は、代金以上に車を売る時に価値が下がりますので、その修理代金以上の損をすることになります。ボンネットの場合は、事故車扱いとなりますので、車を売る時に安くなります。



エンジン内部の破損はどのくらいかかる



同じ事故の修理でも、外部の場合とエンジンルームの場合ではエンジン内部のほうが費用は高くなります。事故の時に衝突事故を起こしてしまうと、ちょっとした傷では済まなくなります。

エンジンルームの一番壊れやすいのがラジエターです。ラジエターは、正面衝突事故の場合に、一番衝撃を受けやすい場所です。ラジエターの場合は、外部とは違い、高い修理代金が必要となります。ラジエターを損傷した場合は、全交換というのがほとんどなのです。ラジエターを全交換すると、10万円から20万円はかかります。

ラジエターと同じくらい費用がかかるのが、フロントガラスです。フロントガラスが損傷した場合でフロントガラスをちょっとした傷の場合は、部分修理となりますので安いのですが、全面交換となる場合は、当然費用の方は高くなります。フロントガラスの全交換の場合は、15万円程度かかります。



業者によっても車の傷の補修では全然違う



事故などで傷ができたり修理しなければいけない箇所が出てきた時に、業者に首里の依頼を出すと思います。その場合、見積もりをまずは出してもらいますが、見積もり金額が複数の業者に出してもらった時に金額に違いが発生してくると思います。業者によって見積りの仕方が違うので、技術料が高かったり、逆に部品代が高かったりします。

素人ではどれが正規の金額なのかが判断つきません。そんな時に、費用が安いところに依頼したくなるものです。誰もが、同じ修理なのであれば、少しでも安い業者に出したいものです。安い費用で修理できればそれに越したことはありません。



ただ安心という面では、ディーラーに出す人もいると思います。その場合は、費用が割高になるという経験はありませんか。実際同じ修理をディーラーに依頼する場合と、業者に依頼する場合では、だいぶ料金が違ってきます。

ディーラーの場合は、故障箇所だけではなく、その他の部分も点検を行って交換が必要な部品がある場合は交換をしますので、その分割高になることもあります。ただ、安心感はディーラーの方があると言っても良いでしょう。故障箇所だけを修理してもらいたいのであれば、業者に依頼して、その他の点検と部品の交換までを行ってもらいたい場合は、ディーラーに依頼するようにして、使い分けることも良いでしょう。

国産車と外車で同じマフラーを交換する場合でも料金に差が出てきてしまいます。外車の方が必ず国産車より高くなります。

しかし良心的な業者であれば、車種や特別な色に関わらず費用が統一されている場合もあります。

次の記事へ