<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車の傷の修理をしたい方へ



車の傷の修理を安く済ませたい方へ



家の駐車場の壁にぶつけてしまったり、小石などがボディーに飛んできたりなど何らかの理由で傷がついてしまうことがあります。それが小さな場合は問題ありませんが、大きな場合は目立ってしまうので何とか修理をしたいと考える方も多いでしょう。しかし、修理をする価格が高額であるかもしれないと思い、なかなか修理に出せない方もいるかもしれません。実際に持ち込む場所などによって価格は異なりますが、できる限り安く抑えたいという方のために、ここでは安く抑えるためのコツについて説明します。

まず一つ目は、費用は業者によって異なるということを頭に入れておき、見積もりを取ることです。どこでも一緒だと考えて適当に家の近くのお店に持ち込むと相場よりも高額になってしまう可能性もあります。まずは失敗しないためにも見積もりを取るようにしましょう。見積もりを取れば具体的にどのくらいの価格で直すことができるのかを知ることができます。いくつかの工場に見積もりを取って比較すれば予算内で修理をしてくれる工場を見つけることもできるため、見積もりを取るということを忘れないようにすることが重要です。

また、二つ目は民間の工場を利用するという方法です。例えばディーラーなどでも傷の修復の対応をしてくれますが、民間の工場に比べると価格が上がるケースが多くなっています。確かにディーラーなので安心感はあるかと思いますが、価格の面で見ると少し高額になってしまう傾向があります。しかし、民間の工場なら、それぞれどこに依頼をするかで変わりますが、一般的にはなるべくコストを削るように努力をしてくれるため、小さな傷程度なら比較的安価な価格で修復してくれるところも存在します。特に安く抑えたいなら選び方は重要ですが、クオリティーが高く価格が安いところも存在しているため、いろいろ調べてみると良いでしょう。

三つ目に安く抑えるコツは使用する部品です。例えば傷が大きくついており、破損なども見られたら部品の交換が必要になりますが、場所によっては中古パーツなどを使用しているところもあり、新品に比べると安くなるため、その分全体の費用を抑えることができます。使用する部品によっても安くできるため、知っておくといいでしょう。

このように安く済ませる方法はいろいろと存在しますが、特に価格にこだわるなら三つのポイントを参考にしてどこに依頼するかを決めると失敗することはないです。



車の傷を放置しておくとどうなる?



車の傷は小さなものから大きなものまで様々です。中には傷はつくものだから放置をしておこうとそのままにしている方もいます。実際に使用している車種によっても異なりますが、使用されている部品の素材は異なります。中にはアルミが使用されているものもありますが、ほとんどは鉄を使用しています。鉄のボディーは傷を放置すると良くないとされており、注意点がいくつもあります。その中でも一部ですが、どのような注意点があるのかをここで説明します。

まず一つ目はさびのリスクが高まることです。地域によっても異なりますが、放置することで雨や雪、潮風などの影響でさびてしまうことがあります。早めに気付くことができればいいのですが、さらに長い期間放置すると傷の部分から水分が侵入し、さらなるさびの進行につながります。最悪の場合は内部にも被害が及ぶこともあるため、長い間の放置は特に気を付けた方がいいと言われます。

また、二つ目はボディー以外にホイールについても注意しなければならないことがあります。まずホイールの場合は傷を放置するとひび割れの危険性が高まると言われています。ひび割れが発生した状態で走ると事故につながる可能性もあります。できる限り早めの対処が必要となるため、傷などを見つけたらなるべく早く修理業者へ依頼をして直してもらった方がいいでしょう。



修理業者はどこを選択するかも重要



修理業者は全国に存在しておりディーラー以外にも民間の修理業者が数多く存在します。特に初めての人はどこを選ぶということを悩むかと思いますが、選ぶときのチェックポイントは大切であるため、失敗しないための確認ポイントについて話します。

まず均一料金にこだわっているかを確認します。なぜ均一料金かと言うと、特に安く抑えたい場合、表示では低価格に見えても、車種によって料金が変わることもあるためです。実際に依頼をしたけど表示とは違う金額を請求されたと後悔する可能性が高くなるため、まずは均一料金になっているかの確認をしましょう。

また、追加料金の有無についても確認が必要です。追加料金があると余計な出費が必要になります。できる限り節約するためにも追加料金の有無は事前に確認するべきです。

このように、ここでは修理業者をどこに選択するかについて話しましたが、ここで説明したこと以外にも基本的なことやこだわりのあることについては前もって調べてからどこを選ぶか決めることが重要です。特に民間の修理業者は数も多くサービス内容も違うため、より細かく調べて決める必要があります。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車