<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車の塗装が剥げたときは早めの修理を忘れずに

長く乗り続けるために


長年大事に乗り続けていた車でも、時には事故を起こしてしまうこともあります。ほんの少しこすってしまうような事故でもボディーには傷が付き、塗装が剥がれてしまいます。
こうした傷が原因でボディー全体の劣化が進行することも多いので、事故を起こしてしまったときはできる限り修理に出すようにしましょう。
自分で塗装しなおすという方もいますが、やはり専門の業者に任せたほうが、新品同様に仕上げることができますし、何よりきちんと傷を補修してくれるので、ボディーの劣化を確実に食い止めることができます。
日本の車は世界的に見ても優秀で、メンテナンスなどをそれほど念入りに行わなくても、非常に長い間乗り続けることができるといわれています。
とはいえ、各部位の劣化は少しずつ進行していくため、最終的にはパーツの交換などが必要となりますが、ボディーはそうした劣化を食い止めるために、何重にも塗装を施されており、紫外線や雨風によるダメージを防ぐことができるようになっています。これが傷ついてしまうと、そこから雨水などが浸入し、さびなどを引き起こしてしまいます。そのため細かい傷も早めの修理が推奨されているので、傷を見つけたら早めに修理してください。
細かい傷を隠すための塗料なども販売されてはいますが、その効果は表面の傷を隠す程度のもので、保護のためのコーティングとしての効果は期待できません。やはりきちんとした整備工場などに修理を依頼したほうがよいでしょう。
どの程度の予算が必要になるかは傷の度合いにもよりますが、ネット上で見積もりを依頼できる業者も増えてきているので、複数の業者の見積もりを比較して、より安いところを探してみましょう。
傷が深いときは、多少値段が高くても、より丁寧な仕事をしてくれるところを依頼するのがよいかもしれません。

劣化が進む原因に


誤って車を傷つけてしまい塗装が剥げてしまった時は、なるべく早く修理したほうがよいとされています。
しかし、見た目にも浅い傷や、目立たないところについた傷はそれほど問題視しなかったりすることがあるかもしれません。
傷や剥がれた塗装は雨風などの影響を受けて、たとえ小さな傷であってもその周辺から、中の金属が錆びてしまい、腐食が進行していく可能性があります。
錆による腐食は、最終的にボディー全体の寿命を縮める要因にもなるので、そうしないためにもできる限り早めに修理をするのが望ましいでしょう。
大きな事故ならともかく、壁に少しこする程度の事故なら、表面の塗装に傷が付く程度で、見た目が悪くなる以外は問題ないと感じる方もいるかと思いますが、何重にも重ねた塗料はボディーを守るコーティングにもなっています。
紫外線や雨風によって劣化したボディーは、徐々に錆びて崩れてしまうので、塗料がはがれている部位から錆が進行することを防ぐためにも、きちんと修理して外部からの刺激から守らなければなりません。
いくら小さい傷に見えても、塗料のはがれ具合によって、さらに劣化の進行度合いが変わるので、それを調べるためにも、一度は修理業者で見てもらうことをおすすめします。
傷の修理は損傷度合いで手をつける範囲が変わってきます。表面を塗りなおす程度ならいいのですが、深く傷つけてしまうと、ボディーの一部がへこむことや、地肌が見えるくらいに大きく削れてしまうこともあるので、その場合は一部パーツを交換するなどの大掛かりな修理が必要となります。
当然傷が大きければ大きいほど、修理の手間も増え、料金も高くなってしまうので、素人目にも深い傷を負っている場合は、きちんと修理業者に見積もりを依頼して、なるべく費用を抑えられそうなところを探してみましょう。

業者選びも大切


車の傷は一見大したことの無い様に見えても、後々大きなトラブルにつながることもあります。
傷つけたことによって塗装が剥がれると、雨や紫外線によってボディーの劣化がどんどん進み、ボディーの内側にまで異常が出る可能性や、中の機械にトラブルが起きる可能性もあります。
そのため事故などで傷を作ってしまったときは、なるべく早く修理に出しておく必要があるのですが、修理業者の数は多く、どこを利用するかで、料金や仕上げの丁寧さなどに差が出てきます。
塗装の塗り直しなどの修理は、どれだけの被害が出ているかが重要です。
表面を軽く傷つけただけなら、それほど予算をかけずに修理することも難しくありませんが、中の金属部分まで傷つくような損傷なら、時にはパーツ交換が求められることもあるので、それ相応の値段になってしまいます。
安く済ませようとしても、地肌が見えた状態では劣化を止めることは非常に困難なので、やはり専門業者に任せて、綺麗に傷を消すのが一番確実です。もし中の金属が見えているけれども、見積もりが高くて止めたという方も、ぜひ修理を受けてみてください。
業者の選び方については、見積もりを複数の業者に依頼するといいでしょう。
見積価格は一切に現物を見てみないとはっきりしないことも多いので、前もって複数の業者に見積もり依頼を出すことで、一番安い業者をすぐに見つけることができます。
また凹みなどの修理を行う板金の技術についても、長く乗りたい車を直すためには必要不可欠で、目だった傷もプロの手にかかれば新車同様とまではいかないまでも、まったく目立たない状態に仕上げることができます。
料金やサービス内容は公式サイトなどでも紹介しているので、まずはそちらをチェックするのをおすすめします。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車