<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車の塗装の直し方


車の重要性



車は現代の社会では必要不可欠の移動ツールです。この移動ツールがなければ生活することが出来ない方も多いと思います。首都圏であれば公共交通機関が充実しているので、車の必要性を感じることは少ないのが現状です。

しかし、地方で生活をする人にとってはこの普通自動車はとても重要な役割をしています。田舎ではスパーマーケットなどが近所の近くにない場合があります。歩いていける距離にないので、とても不便です。しかし、自動車があれば気軽に買い物に行くことができます。また、仕事に対しても同様です。自動車を持っていなければ仕事場に行くことが困難な地域もありますし、仕事でこの自動車が必要な場合があります。そのため地方では自動車はとても重要なのです。





塗装キズの直し方



車のボディの直し方はとても難しく感じている方も多いです。キズの付いていない状態まで直すことを考えてしまうとそれはとても難しくなってしまいます。しかし見立たなくなる程度で充分と割り切ってしまうことでそのキズを簡単に直してしまうことが出来ます。自家用車がキズついてしまうと、乗車することがとても億劫になっていまいます。

また、車にはメンテナンスが重要なのですが、ワックスをかけるのさえボディーにキズがついているので面倒に感じてしまいます。そういう状態になってしまうと車がとても可愛そうです。そういう状態になってしまわないためにもボディーのキズを直すことはとても重要になるのです。塗装表面を軽く擦ると、爪が軽くひっかかる程度の浅い溝が白いすじ状のキズとなって残りやすいです。また、塗料カスなどのゴミがこびり付いているだけというケースもあります。ホディのカラーとは明らかに色目が異なる凸状のキズだったらそれはキズになります。どちらの場合も鏡面仕上げ用の極細コンパウンドで磨くことで綺麗にキズを落とすことが出来るようになります。

ただし、利用する用具のチョイスを誤れば磨きキズを付けてしまうので注意が必要です。キズを消しているのにキズを付けてしまうことにもなりかねないのです。磨き作業には天然パルプを原料としたセルロース系、または多孔質体のPVAフォームのワックススポンジ、例えば、エステー化学、アブソーブ・エックス等を利用する方が良いです。このスポンジの場合は保水性がよいので、摩擦熱でコンパウンドが乾いて削り過ぎてしまうのを防ぐことが出来ます。また、拭き取りには柔らかなネル地のウエスを使用することで効率的に作業をすることができます。どちらもカー用品店で手に入れることが出来るので、気軽に購入することができます。セルローズ系やPVAスポンジは吸水性に優れてはいますが、乾燥させてしまうと、とても硬くなってしまします。このため、保管時は湿らせておくことがとても大切です。利用するときはそのつど水に浸して全体が柔らかくなるまで十分水を含ませ、固く絞ってから行うようにしたほうが良いです。

鏡面仕上げ用もしくは極細のコンパウンドを用意し、小指の先くらいの量をスポンジに絞り出します。コンパウンドを付着させたスポンジの研磨面を磨く面に2回から3回、ポンポンと軽く押し付けるようにし、コンパウンドを均等に付着させます。キズに対して平行にし、直線的にスポンジを動かすようにしておおまかに磨き落とすようにします。キズの面以外には力を入れ過ぎないよう10回を目安に擦るようにします。ネル地のウエスで一旦拭き取って、キズの状態を確認します。まだ目立つようならコンパウンドを少々付けて、もう一度磨いて仕上がりの状態を確認します。これの繰り返しで少しずつ落としていくことでボディーのキズを最小限目立ちにくくするのです。





深いキズを直す方法



深いキズは耐水ペーパーで取り除くことができます。この時になるべくキメの細かいものを使うことで仕上がりがとても綺麗になります。あまり粗いものを使用するとキズは取れやすくなりますが、塗装が剥げてしまったり、仕上がりが悪くなってしまうので注意が必要です。またその他にもパテでキズを埋める方法があります。このパテは簡単に市販で購入することが出来るのでとても便利です。このようにボディーを修復する方法はたくさんあります。インターネットでも様々なキズを直す方法がありますので、用途に応じて対処することが必要です。愛車が傷ついてしまうことは持ち主にとっても非常に残念なことです。

しかし、車にはキズはつきものです。走行中に枝でボディーをこすってしまったりする場合もあります。また、壁に擦ってしまったり、バックを間違えて電柱にぶつけてしまったりすることもあります。人間なので過ちを起こすことは当然あります。このような過ちを起こしてしまった時にもこの対策をしておくことはとても重要なのです。キズの修理はお金がかかってしまいますが、自分で修復することによってお金の負担を減らすことができます。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車