<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車の塗装料金を知っておく

車を塗装する場合、大まかに分けて部分的な塗装と全体を塗装する方法があります。部分的な塗装に関してはキズや凹みなどの修正を行うために修復箇所を塗装する場合です。全体の塗装に関しては同じく傷や凹みの修正に対して車全体を塗装し直して綺麗にする方法や従来の車のカラーを変更するための全塗装があります。



部分的な塗装には板金塗装があり、車体をぶつけたりこすったりなどで出来た傷や凹みについて修理を行い、必要があれば塗装も行われます。車の塗装料金は全体を塗装する料金に比べたら安価ではありますが、数万円の予算が必要になるので、各店でまずは見積もりを出してもらって調べてもらいます。



全塗装に関してはその方法や車種、塗装したい車へのこだわりによって車の塗装料金は違ってきます。車に細かな傷や凹みがあらゆる箇所にあって、あちこちを修復する場合は車のボディ全体を綺麗に全塗装して乗り続けたいと考えるユーザーはたくさんいます。一方車に対するこだわりを持っていてオリジナルのカラーにしたり、色変えを行うために全塗装をするユーザーも多いです。



色替えをするための全塗装は、同じ色の全塗装に比べると車の塗装料金は割高になります。塗装のカラーも色によって料金に違いがあり白や黒のカラーが多少割高になります。メタルカラーを混ぜた塗装も行われており通常の単色カラーとは料金位違いがあります。全塗装を行う場合は外せる部品をすべて取り外し、マスキングを行なった上で丁寧に塗装して仕上げます。その際の作業工程で別途料金が発生することもあります。



車の塗装料金は数万円で終わる場合もあれば、数十万円の総額がかかる場合があります。板金塗装を行う業者の場合は基本料金が数万円で設定されており、塗装の方法や車種によってプラスでいくらか上乗せされたのちに車の塗装料金が決まります。車種によって価格が違うのは塗装する面積が大きくなるにつれて料金は高くなるからで、自分の車の車種によって全体の塗装料金がいくらかかるかは見積もりをとってもらって確認できます。



塗装をする車の状態によっては事前処理を行わなければならないものもあり、その場合は追加料金が発生します。処理を行わずに塗装を行うと仕上がりの精度が悪くなり、塗装の質を保つことが出来ません。車体に剥がれがあったり錆びがある場合は下地処理が行われます。状態にもよりますが酷い場合は十万円ほどの別料金が発生することもあります。またエアロパーツで修理が必要になっているものがあれば、別途費用も高くかかることがあります。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車