<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車の塗装方法の基本的な手順について

自動車は一定期間を所有している状態では、何かしらの原因によってボディに傷が付着してしまうことがあります。例えば商業施設などで駐車場に停めていた間に、ドアミラーなどが横の車両と接触してしまうような事例も見られます。軽微な接触の傷の場合では、コンパウンドなどを利用してみる方法によって状態次第では綺麗な状態にボディを戻すことも可能なケースもありますが、多くの傷の場合では、簡単に修復することが難しい場合が見られます。



自己処理として行う方の場合では、カー用品店やホームセンターなどで販売されているタッチペンや各種カラースプレーなどを活用して塗装を施すことも可能とされていますが、傷の大きさや深さ、ボディの凹みなどが発生している場合では、自己処理を行うことが困難な場合もあります。



最も効果的で綺麗な塗装を行う方法としては、やはりプロの専門ショップに任せることが最適な方法とされていますが、一般的に認知されている内容としては、費用が高額に設定されてしまうことがあります。しかし、中には格安にて塗装を引き受けている専門ショップも存在しているために、利用してみる価値を十分に持っていることになります。



実際に存在している格安で塗装修理を行っている業者の場合では、その手順の基本とされる項目がいくつも用意されています。傷の状態によって変わる内容とされていますが、基本的には傷の部分とその周囲を研磨することから始まることは一般的になります。肝心なこととしては、ボディを滑らかな状態に仕上げることになり、いわゆる下地調整を最初に施工することになります。



その後は下地塗装を行うことが一般的になり、通常ではグレーのスプレーなどが使用されています。乾燥後にはカラースプレーを塗布することになりますが、専門業者の多くではエアスプレーを活用していることが一般的になり、綺麗な塗装面を確保することができます。



最終的な段階としては、カラーを何層かに分けて塗ることを行って、最後にクリア塗料を利用することになります。自動車の場合では、いわゆる焼き付けを行うことが基本とされており、この作業によって強い塗膜を形成することができます。状態によっては乾燥後にコンパウンドを利用して鏡面仕上げを施したり、自動車の状態次第ではボカシ剤を活用するような場面も用意されています。



どのような工程であっても、プロの専門ショップに任せることによって、高いレベルでの修理を行うことができ、尚且つ格安で施工できる場合では、十分なお得感を得ることもできます。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車